<   2012年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

バレンシアへ!

徳島県民にとって「バレンシア」というと

入り口にも店内にも石像が飾られていて
マンガがいっぱいで営業マンがダラダラできてしまう
深夜でも開いてる八万町大野のレストランカフェ。
参観日の帰りにパフェ食べに連れて行ってもらった思い出なんかもある場所です。

本物のバレンシアは、到着すると石像ではなくオレンジの木が。
b0246322_1814159.jpg


本物のバレンシアには、めっちゃでっかい器に入ったうどんが付き定食
ではなくショーケースのなかにズラリと並んだ数種類のパエリヤ
b0246322_1817447.jpg



街散策は後回しにして、今回の宿泊へ。

「Only-apartments」というサイトで発見した
キッチンやダイニング付きの部屋を貸し切れるというアパートメントなんやけど、
問題は「到着する前にオーナーに連絡すること」。

バレンシアのバスターミナルから「カルメン」に電話。

でもカルメン、全然英語話せません

知ってる限りのスペイン語で


「予約した日本人のサチコだよ!
今バスターミナルに着いた。
住所があるからメトロで行ける。
あと30分後くらいに到着する。」

と言うと

スペインでの「OK」みたいな「ヴァレ!ヴァレ!」
と言ってくれたのでなんとか伝わったようです。


ふーやれやれ。

中心部からはなれること20分。無人の小さな駅に到着。
周りになんもないし、文化の森駅くらいかな。
b0246322_18142656.jpg



地図を頼りに歩いて・・・
b0246322_18143722.jpg


今日から泊まるアパートメントは

一つベッドの部屋
b0246322_1814547.jpg


三つベッドの部屋
b0246322_1815384.jpg


バストイレ
b0246322_18151381.jpg


キッチン
b0246322_18152232.jpg


そしてリビング
b0246322_1817925.jpg


テラスも自由に使えるんだ~!
b0246322_1815431.jpg




こんなに充実なのに、期間限定で割引らしく1人1260円というすっごい安さ。
アパートメント生活、かなり心にフィットしてます(≧∇≦)
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-31 18:13 | 2012年スペイン  

離れがたいシッチェス

昨日は盛り上がって飲みすぎちゃったね。
朝ラーメンで気合い入れよか。
b0246322_1805935.jpg



「天気が良いけん、くつ洗っとくな~。
パラグアイの赤土、そろそろ落しとかなアカンでぇなぁ」
滞在先が快適だと、お互い心に余裕ができます。
b0246322_1811099.jpg


ここはシッチェス!
男性同士が歩いていると、それはたいていカップル
b0246322_1812042.jpg


こういう光景に見慣れてないのでなんかドキドキしてしまいます。
b0246322_1813035.jpg



今はまだバカンスのピークじゃないけど観光客も多いです。
b0246322_185914.jpg
海沿いにレストランもたくさん。


少し天気がよくなるとビーチに人もぽちぽち。
b0246322_182783.jpg


海岸沿いをぐんぐん進むと男性だけのヌーディストビーチが!
女人禁制かもしれないので
すぐUターン
b0246322_1822738.jpg


少し小高い丘になっていて街を見下ろせるこの場所のそばに、訪ねたい女性がおるはずなんやけど・・・お出かけしているのか、引っ越してしまったのか、留守でした。
b0246322_1824437.jpg

何回か時間帯を変えて訪ねたけど滞在中にはあえませんでした。残念。



南米にも石畳が綺麗で「コロニアルな雰囲気」と言われる場所はたくさんあったけど、やっぱり本物は違う!
b0246322_182569.jpg


南米はほんまにペンキの塗り方も適当で、壁の白ペンキがポストとか窓の格子にべちょっとついてたりして、まぁほれが南米ってカンジでよかったんやけど、やっぱりヨーロッパはちゃんとしてるなぁ~。

この奥の細い道、ギリギリでニッサンのマーチが通れる幅。マーチよく見かけるけど、こういう町並みにすっごく似合ってる!
b0246322_183932.jpg



夜はイベリコ豚を専門に扱うお店にフラリと立ち寄り
b0246322_1834972.jpg


イベリコ豚とパンコントマテとワイン&ビールで1100円。
b0246322_184398.jpg


立ち飲み居酒屋風、お客さんの雰囲気に惹かれてこちらも立ち寄り
b0246322_1841310.jpg


ビール2杯と突き出しにポテトがついて、唐揚げ頼んだら660円くらい。
b0246322_1842591.jpg


あーーー最高じゃ~。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-30 18:00 | 2012年スペイン  

暮らす雰囲気満喫

ビーチリゾートだけど、ちょっと春の嵐のように風が強くて少し寒いです。

寒さに負けず買い物に
b0246322_1752381.jpg


リゾットが簡単にできちゃう瓶詰めのお米。
b0246322_17524790.jpg


お惣菜もいちいち素敵~。
b0246322_17525835.jpg


ハムだけでこんなに!
イベリコ豚もいっぱい。
b0246322_1753871.jpg

あんこう、こっちの人どうやって食べよるんだろ。
b0246322_17531763.jpg



さ、とりあえず、買いました。
スペインのスパークリングワインCAVAも、赤も白も買いました。
b0246322_17533351.jpg


ホステルの共同キッチンとは全然違う、自分たちのためだけの部屋で。
念願の料理です。
b0246322_17535065.jpg


あるときはハムとタコの缶詰とCAVA
b0246322_1754171.jpg


「オイルサーディンの缶詰も80円以下、どれも安いっ」
いつでもパスタするけん言うてよ。
b0246322_17541033.jpg


あるときの昼はテラスでトマトパスタ。
b0246322_17542157.jpg



あるときは、ハムとパンとビール。
b0246322_17543276.jpg


サーモンアスパラ。見かけ上少ししか盛ってないアスパラだけど、本当はこの3倍の量があって170円。
b0246322_17544376.jpg


スペインのコロッケ、クロケッタ。
マッシュルームをペーストにしたようなものがなかに詰まっていて、クリームコロッケみたいでした。おいし。
b0246322_1755435.jpg


昼間っから飲んでる!のではなくて、これでも8時過ぎなんです。
b0246322_17555316.jpg



幸せそうなふたりにも、悩みがあります・・・


それは

体重増加

「良い雰囲気で美味しいワインが飲める」
「充実したキッチンで食材が豊富」


結果、食べ過ぎる飲み過ぎる。


そのすべてが揃っているここスペイン。
+3キロ、いや5キロくらいの危険な香りが・・・。


まいったなぁ~。
b0246322_17574244.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-29 17:51 | 2012年スペイン  

リゾート地シッチェスへ行こう!


アネッサとアルベルトの家を出て、次に向かうはシッチェス
「ここから30分だからね。何かあったら帰って来て良いからね。いつでも待ってるよ。
もし何かあったら僕に電話するんだよ」
と携帯番号まで教えてくれたアルベルト。

あ~感謝!!
b0246322_1742501.jpg


「でも・・・


ヒデ気をつけて!


シッチェスでは男の人は壁にお尻を向けてカニ歩きして自分を守ってるからね」


そう、シッチェスはゲイビーチとしても有名。

お金持ちな男性カップルがビーチリゾートを楽しみに行く高級リゾート地のひとつなのです。

なんでそんなシッチェスに行くのかというと・・・

実はらじまるで松茂のちょうど中喜来あたりを走っていたら畑を耕している男性がいたので声をかけて突撃インタビュー。
このときに娘さんが結婚してスペインのシッチェスに住んでいるという話しをしてくれたのでした。
「スペインはいつか行きたい国です」というと
後日、娘さん家族の写真や住所を送ってくれたので、今回勝手に「会えたら良いなぁ」とシッチェスを目的地にしたのでした。


バルセロナから列車で30分のビーチリゾート。
チャラッチャチャ、チャーララーチャーチャー♪
という音楽が頭のなかで流れました。
b0246322_17442888.jpg



スペインでは犬がショッピングセンターを歩いていたり、地下鉄に乗っていたりします。
列車にも。
「日本で黒いパグ飼ってます」と言って記念撮影させてもらいました。
b0246322_17441940.jpg

もしフンを片付けなかったら罰金700ユーロだそうです。


シッチェスで宿泊するのは、海岸沿いのこのリゾートホテル
b0246322_17445819.jpg


が所有するアパートメント「キッチン付きのワンルーム」です。

ヨーロッパでは最近こういうアパートメントを借りての滞在が人気なようです。
まさに「暮らすような旅」が実現できそう♪

鍵をもらって、今日の宿泊先へ。
b0246322_17452477.jpg


「歩いて10分ってほんまかな~。地図で見たらけっこう遠いけど・・・」

ガンバレー!
ガンバレー!
b0246322_17451592.jpg


滞在するのはココ!!!
b0246322_17483381.jpg


なんと

バルコニー付きの3階で、も山も見える部屋です。
b0246322_17454482.jpg



このキッチン最高
フライパンも大きめ鍋も、コーヒーメーカーもあるし
お皿類もめっちゃ充実しとる~~~~。
洗濯機ある!ヤッター!!!洗濯しまくるぞ!!」
b0246322_17461181.jpg


ソファベッド。下にもうひとつベッドが収納されててそれをひっぱり出して寝るみたい。
b0246322_17462142.jpg

こんなかんじ。
b0246322_17463111.jpg



この一部屋がなんと1泊4000円。
2泊の予定だったけど・・・
「もう2泊延泊希望しまっす!!!」
b0246322_17465181.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-28 20:42 | 2012年スペイン  

バルセロナに友達が出来た!

スペインはゴミの分別がしっかりしています。
日本のように曜日ごとにゴミを出すんじゃなくて、家の側の大きなゴミ箱に分別して入れるだけ。
b0246322_16464058.jpg


専用の車が来て、クレーンみたいなもので吊り上げたり引っ掛けたりしてガッサーっと回収していきます。

黄色いベストを来たお兄さんがリモコンで操作。ひとりで運転して1人で作業していきます。
b0246322_16465880.jpg



「毎週火曜日は家具とかの大きいゴミを家の前に出しておけば回収してくれるんだよ」
徳島だったらハガキ出して、しかも一回で5つまでやし、それに比べたらかなり便利。
b0246322_16472627.jpg


今夜はアネッサとアルベルトの家の近く、サンツ駅付近を楽しみます。
近所のショッピングセンター。

「ここはもともと闘牛場だったのを改築してるから円形なんだよ」とアルベルト。
一年くらい前に完成したらしく、最上階のレストランもま新しく、アルベルトたちもまだ食べに行ったことはないそうです。
b0246322_16481327.jpg

「アネッサがリサーチして良い店があれば連れて行ってもらえるんだけどね・・・」
財布はアネッサが握ってるのかな??

日本食レストランもあって、大トロ800円って書いてました。何貫ついてくるんだろ。
b0246322_16483876.jpg


「あの噴水が見える場所で週末のショーがあるんだよ」
「向こう側にはバルセロナオリンピックのときの建物が今も見られるんだ」
b0246322_16493445.jpg

ビデオが壊れてなかったら撮影したかったな~と思う景色。

夜9時になると噴水ショー

週末はときどき散歩がてらこの噴水を見に来るのが、アネッサとアルベルトのデートコースのようです。
一緒に住んで長いカップルでもこういうロマンティックな時間を大切にして・・・えらいねぇ。
b0246322_16495475.jpg



あらっ!

突然踊りだしたフタリ。
すっかり2人の世界です。
b0246322_1655798.jpg


ホットドックなどを食べながら、二人の友達と合流するまでの時間を過ごしました。

ときどき風が吹くと、噴水の水が勢い良くこっちに飛んできます。
「夏は最高に気持ち良いんだ。大興奮さっ」
ほなけど今はまだ寒すぎる~。
これは風邪ひいてしまうよっ。
b0246322_16524715.jpg


すっかり暗くなって、ますますムード満点に。
b0246322_16531033.jpg


この雰囲気に見とれていると


「ポケットのもの、しっかり気をつけて」とアルベルトに注意されました。

台湾の女の子がズボンのポケットに入っていた財布を盗まれたそうです。IDカードやクレジットカードは入ってなくて、5ユーロほどの現金だけだったそうですが、反対側のポケットにはカメラも入っていたのでかなりギリギリセーフだったみたいです。

「ムリヤリ奪ったりはしないけど、体を押し付けてきて気がついたらなくなってるということが多いからね

ポケットを入れて歩いたりするといいよ」

アネッサとアルベルトの友達と合流。
b0246322_16562510.jpg


この週末はピカソ美術館やカタルーニャ美術館などに、夜7時~深夜1時まで無料で入ることができるスペシャルディ!
「人が少しでも街に出て食事をしたり、お酒を飲んだりしてくれるように政府がたまにするんだよ。今日みたいな日に来れてラッキーだったね」。
b0246322_16564268.jpg


Goyaを中心にたくさんのスペイン人画家の作品が見て、気付けば深夜1時前。
あ~充実した一日だったぁぁぁぁ。
我が家のようにリラックス♪
b0246322_16572547.jpg

「ちょっと冨士くん!今日行ったあの噴水がある場所

あの有名スペイン広場やって」

「えっ!ほうなん?知らんうちに観光しとったんやなっ」
地図を見て知ったふたりでした。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-27 16:45 | 2012年スペイン  

初めてのカウチサーフィン

カウチサーフィンとは・・・
無料で宿泊させてもらったり、お茶を飲みながら地元のことを教えてもらったりするための出会いを探せるサイトです。
ただ泊まったり、情報をもらうだけでなく、異文化交流や語学の上達を目的に利用している人もいます。

リクエストを送ってみたらOK!と快く宿泊させてくれることになったアネッサとアルベルト


2人の家を訪ねる前にお土産を買いました。
アネッサが「アイラブワイン」と書いていたので赤ワインとチョコレートを。
昨日セントロを散策したときに試食して美味しかったチョコレート屋さんへ。
b0246322_22164891.jpg
観光地だけあって、だいたい英語が通じるので買い物もかなり助かります。



約束の夜7時にお邪魔しました!



今日から二日間、どうぞヨロシクお願します♪
b0246322_22152114.jpg



夜ご飯はアネッサが作ってくれました。
生ハムに、パンにトマトを塗ったパンコントマテ、いわしや貝の缶詰です。
真ん中の茶色いのがメインディッシュ。
アネッサはロシア出身の女の子なので、グレッチカというロシア料理です。
「シリアルのようなもの」という説明だったけど、食感や香ばしさはソバ米に似てました。
b0246322_2215826.jpg


アルベルトは内装のデザインの仕事をしています。オフィスになっている部屋を見せてもらいました。
アルベルトは日本のアニメが大好きです。

ガッチャマン、筋肉マン、キャプテン翼、ドラゴンボールetc

世界中で日本のアニメの偉大さを感じます。
日本人でよかった~。
b0246322_22134228.jpg



日本の食事や言葉が大好きというアネッサ。
着物着てみたい?と聞くと「着たい!」とアネッサ。
さっそく私の着物を着装。

自分が着るのもやっとこさ、なのにちゃんと人に着せれるかいな・・・

がんばれ、私!
b0246322_22191227.jpg
アルベルト、これ写真撮る場面ちゃうよっ。下着やけんっ。


アネッサは身長178センチ、モデルのようなスタイルです。
157センチの私の着物じゃおはしょりなし。


内山先生が見たらなんて言うかいな~。ひぃ~・・・


汗だくになりながら、なんとか完成。
b0246322_22194262.jpg


内山先生や大先生が見立ててくれて購入した着物。
私よりアネッサの方が似合ってない!?

ガビーン。

以前にカウチサーフィンで宿泊していた中国人からのプレゼントの扇子を手に。
b0246322_2220536.jpg


とりあえず1日目、英語力の無さを日本文化で補えましたっ!!
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-26 19:12 | 2012年スペイン  

宿探し in バルセロナ

バルセロナ、最初の宿はネットで予約
b0246322_1382186.jpg



新しくて良い感じだけど、トイレとキッチン共同で一泊5000円以上。
b0246322_138536.jpg



「散歩がてら宿探しもしようか~」。
とりあえず小腹が減ったのでカフェでコーヒーとピザパン買いました。
これで3ユーロでおつりが・・・。
b0246322_1392113.jpg



オレンジ+チョコ。食べ歩きだけでも、ヨーロッパは可愛くて美味しそうなものがたくさんあって、目移りしてしまいます。
b0246322_139494.jpg


パイも食べたい。
b0246322_1401039.jpg


パン屋さんなのにいちいちお洒落。
b0246322_1404178.jpg


でも感激してばっかりではなくて、宿も探さないと!
あちこち聞いたけど週末のバルセロナは、予約でいっぱい。
ドミトリーでも1人2000円くらいするから、結局個室と少ししか価格が変わらない。

とにかく何軒も訪ねてみました。
「明日?二人で40ユーロでいいよ。2ベットね。OK!」
と言ってくれた宿がありました。
パキスタン人のこのお兄さん、以前は日本からドバイを行ったり来たりするコンテナの会社で働いていたそうです。

3ヶ月×数回、埼玉で働いていた話しをしてくれました。
じゃ、明日よろしくね~!
b0246322_1412323.jpg






荷物をしょって宿に行ったら


「さぁついていらっしゃい」と布を頭からクルクルまいて、顔以外の体全身隠すような服装している

これまたパキスタン出身のおばちゃんに案内されて、歩くこと10分。
b0246322_1414538.jpg


「ここよ!」って思いっきり、フツウのマンションで民家の一室。


リビングらしきところにも、フツウにベッドがあってそこには誰かが泊まっているようです。
台所やトイレやバスも自由に使って良い、と言われたけど
明らかに連れてきてくれたおばちゃんのやし。
b0246322_1433056.jpg



夜10時くらいに

食事から帰って、コップ借りようと思って台所ドアを空けたら

案内してくれたおばちゃん

10歳くらいの子供


床で寝てた!!





「きっとうちらが泊まったけん、寝るところなくなったんじゃ・・・ここにはおれんよな・・・」




不安に思っていたら、昨日出していたカウチサーフィンのリクエストに返信が!



「18日から20日の間、うちに滞在してOKだよ。
一つの部屋とベッドを提供するね。
仕事が18時に終わるから19時ごろに来てね。
アネッサとアルベルトより」



ヤッター!!明日にはこの宿を脱出することが決まりました。
b0246322_1385435.jpg

一日だけの、怪しげな民家滞在。
ここを斡旋した宿に後日聞きにいくと「前はライセンスがあったけど、切れてしまったらしい」とかなんとか。
うーん、怪しい。
白タクシーならぬ、白宿での滞在でした。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-25 19:35 | 2012年スペイン  

ガウディって天才なんじゃ~

観光にはあんまり興味がない私たち。
でもまぁ、せっかくやしサグラダファミリアくらい見とくか~と駅に着いたら目の前に
ドーン!
b0246322_2152559.jpg


スペイン来た~
って感じがいっきにしました。

「思ってたのと違う!すっごい良い。ビックリした」と感激の夫。
「格好良い感じで撮って欲しい」と頼まれて緊張しながらシャッターを押しました。
b0246322_2154896.jpg


芸術音痴なのでその方面はまったくうとい私も、東武ワールドスクエアで1/25サイズのサグラダファミリを見てガイドさんの説明を聞いていたので、それを思い出しながら見入っていました。



重機はガンガン音を立てながら動いているし、足元の隙間からは工事現場も見えました。
ほんまにまだまだ完成せんのやなぁ。
b0246322_2161317.jpg




「チケットは予約しとかなあかんみたいやし、建物全体を見るだけ見よう」

グルリと廻っていると、チケット売り場の行列の最後尾を発見。

すっすと進んどるみたいやし、ちょっと並んでみよっか。
b0246322_2163132.jpg


ヤッター入れた~。
10分くらいで入れた~。

今日はエレベーターは中止だそうです。
b0246322_2171657.jpg


めっちゃすごい!あの天井近くの卵みたいなヤツすごい!
「入れてよかった。感動した」と本当に嬉しそうな夫。
b0246322_2173454.jpg
あとで卵のようなパーツについての解説を見て、

「木の枝が折れて修復していくときのその様子からヒントを得た」と解り

その建物の持つ生命力に納得したようで、ますます感動を深めていました。




ガウディの才能を知ったふたり。
つづいてパルクグエルへ。地元の人の発音だとどうも「パラグアイ」に聞こえるパルクグエル。


丘の上にあるので、エレベーターで登っていけます。
b0246322_2183756.jpg


ひ、広い~。
b0246322_2191692.jpg



とりあえず、有名なトカゲを目指します。
b0246322_2202591.jpg


バンザイして撮影


してたら

ワーワー」と叫び声をあげて走る青年。誰かに追いかけられてたみたいです。


左の下で白い袋を抱えてる男の子。

せっかくのバンザイが、へかを向いた写真になってしまった~。
b0246322_2204958.jpg


この公園はとーーーーっても広いです。

こんな靴で行ってはいけません。スニーカーにしましょう。
b0246322_2211144.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-24 19:12 | 2012年スペイン  

バル満喫「Quimet Quimet」

ガイドブックにも載っていて有名で、観光客がたくさん行くという
バルQuimet Quimet“キメキメ”。
b0246322_0382341.jpg


人気で平日にも関わらず、道の外まで人があふれるほど混雑していました。

なんとか空いてるカウンターを見つけて入り込み、
b0246322_0452145.jpg


白ワインを注文。
そして食べたかったのは、コレです、コレ。
パンの上にいろんな具をのせてあるモンタディート。
b0246322_0464316.jpg


アンコウの肝とキャビアが乗ったモンタディート。
b0246322_048832.jpg


サーモンとクリーム、はちみつとビネガー。
b0246322_0482295.jpg


私の左隣はドイツから来てるジョエル。

カッセルでデザイン学校の先生をしていて、今回は生徒のエリックと一緒に
イベント「offf festival」のためにバルセロナ入り。

子供のころ神戸に住んでいたので日本語がしゃべれます。
お父さんが外交官だったんだって~。さては、おぼっちゃんやな。
b0246322_70412.jpg
「なにが食べたいですか」「イカは美味しい、イカ、どう?」とほとんどペラペラです。
世界を廻るからドイツにも行く、と言うと連絡先を教えてくれました。
「デザインイベントやってる6月9日から16日に来たら言いよ。奥さんにも言っとくから」とおすすめの日程を紙に書いてくれました。


「今回のフェスで日本人だったらデジタルデザインのユーゴ ナカムラ、の作品もあるぞ」とジョエル。


アートオンチな私はジョエルの話を聞いても一向に???でしたが

割とアート関係興味あるいわく


ジョエル

ロンドンのクリエイター集団TOMATO(トマト)って言う有名なグループの人らしいです。

http://www.tomato.co.uk/
b0246322_0535940.jpg
右隣はスウェーデンスのジョナス。ジョナスは2年ほどバルセロナに住んでいたことがあるけど、この店に来たのは初めて。
デンマークのコペンハーゲンから橋を渡れば10分くらいで行けるスウェーデンのマルメに住んでいます。
マルメは良いとこ?田舎だったら行きたいな~」

と言うと

「来ても泣いて帰るだけだ。何も無い。ストックホルムに行くか、北のほうに動物やオーロラを見に行くほうが良い」
とアッサリ来なくていいと言われてしまったのでした。
そうまで言われると却って気になるけど・・・


それにしてもカウンター内のマスターの手際の良さは完璧

オーダーが通ると、チャッチャッチャとパンの上に具をのせてソースや塩・オイルをかけて出す。


まるで寿司職人の技をみるようでした。
b0246322_0563777.jpg
ビール1杯とグラスワイン5杯、具たくさんのモンタディートを三種類食べて20ユーロ。

えっ二人で2000円???
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-23 19:36 | 2012年スペイン  

バルセロナに到着

楽しみにしていたスペインに到着して街を歩く、午後7時前!
こんなに明るい。
こりゃまだまだ遊べるぞ!

宿のおばちゃんにも注意されたけどスリが多いそうなので、手ぶらでお出かけ。
b0246322_0161425.jpg


ハっ!タクシーがMINIだなんて。さすがヨーロッパ。
b0246322_016368.jpg


バルのお客さんの犬。首輪には「KARA」と名前がありました。おっちゃん韓流ファン?
b0246322_0175024.jpg


チワワとおじいちゃん。
b0246322_0183090.jpg


フォーンのパグ(4ヶ月)と黒いフレンチブルの戯れ。
b0246322_0193114.jpg
ヨーロッパは犬種が豊富。ハスキーも見たし、ミニチュアじゃない大きいプードルやボルゾイみたいなのもおったし。
南米はミックスで、かつ、番犬向けの犬ばっかりだったから、いろんな犬見れて嬉しいな。


わ~まだ8時。
b0246322_020919.jpg


一軒目
スペイン到着に、乾杯!
b0246322_0213945.jpg



ここは中国人が経営していました。「ウォーホエライラー(ただいま~)」というと通じたみたいで笑ってくれました。
b0246322_024595.jpg
この店のほかにも、中国人がカウンターに立っているバルがたくさんありました。
スペインも不況の影響で、中国人が店を買い取っているようです。ブラジル・サンパウロの東洋人街と一緒ですね。
最近はワインも大金持ちの中国人が大量に買い占めているという話しも聞くし・・・。

二軒目は渋めのおじちゃんのいる店で、イカリング!
ビールと一緒にこういう揚げ物が食べたかったんよ~。
b0246322_0311421.jpg



そして、家飲みコース。

サーモンも生ハムもちょっとしたパックが100円やし、ワインは1本200円~でズラリやし、ハード系の旨パンも二個買って100円やし。
スペイン最高~。
b0246322_02552100.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-05-22 19:32 | 2012年スペイン