カテゴリ:2012年イングランド( 6 )

 

和さんちを去る日

旅人にとって一番めんどくさいことは
広げたたくさんの荷物をバックパックに詰め込むときです。

あぁこんなにいろいろ入れなあかんのかぁ
詰め込んでもまたすぐホテルで広げて
ほんでまた、すぐに詰め込んで移動して・・・・


はぁぁぁぁ。

と、なりながらも


頑張って荷造りしてたら




ご飯どうすんの~?」
とのんびりした和さんの声


あーーーーどうしましょう・・・

バス乗る前に何か食べといたほうが良いかもしれないですね。


チャーハン食べる?」


え!!!食べます~。

ヤッター!!!!!

元シェフのカズさんキッチンにある
本格中華鍋で作ってもらった


米がポロっとして、卵もうまいぐあいに塊がある、豪華エビ入りチャーハン。

マッシュルームの香りがたまらん!
b0246322_2523360.jpg




最後までほんまにほんまに、ありがとうございました。

また来年も来て良いですか?!
「あぁ、良いよ~」

ヤッター!!!!
b0246322_2525198.jpg



ユニオンジャックもこれで見納め。
b0246322_253474.jpg



これよりバスでデュッセルドルフに向かいます。
本当はベルリン予定だったけど、会いたい人に連絡がつかず目的地を変更しました。
でもデュッセルドルフって何があるんだろ~。


入国とは違い出国はスムーズ。


「あ~緊張した~~~~」

イヤイヤ、マスク怪しいけん。
b0246322_2531725.jpg



脱イギリスも列車かな~と思いよったら
b0246322_2532918.jpg



今度はフェリーだった!
b0246322_2534083.jpg



なんかいちいち予想がハズれる。


徳島から和歌山まで何時間くらいだっけ?

「2時間くらいちゃう?」

こんくらいの風だったら船もほんなに揺れへんわな。

「イケるイケる」
b0246322_254195.jpg



あれ?絨毯があって毛布のある、あのスペースがない!

「外国やなぁ」
b0246322_2542068.jpg


ちょっとウトウトしよったら

あっという間に陸が見えてきました。
b0246322_2543812.jpg


フランス上陸、何箇所か止まって
b0246322_2545538.jpg


ようやくデュッセルドルフに到着。
b0246322_257497.jpg


ホテルに着いたら


ベッドの上には
b0246322_2551438.jpg



ドイツのお菓子HARIBOグミだ。


ドイツ到着じゃ~~~~~。
b0246322_2552849.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-11 19:51 | 2012年イングランド  

近所散策 ついでに観光


滞在させてもらった和さんちから、歩いて5分大英博物館
b0246322_2302631.jpg


実際に展示されているのは貯蔵品の1%だとか?ほんま?
多すぎて何を見て良いか分からないのでそれぞれテーマを持って廻りました。

夫のテーマ「可愛いもの
こんな手形のTシャツあったら欲しい
b0246322_2305584.jpg

カンフー
b0246322_2311132.jpg

ちょっと待って
b0246322_2314082.jpg
準備運動してから
b0246322_232575.jpg

ヨッ
b0246322_2322071.jpg


私「ルパンが狙いそうなもの
この王冠に何億の価値があるかもしれん!
b0246322_2332563.jpg


可愛い女の子に「私のひいおばあちゃんの形見なんよ」とか言われたら盗んであげそう。
b0246322_234689.jpg


開催前にね、盗んじゃう。
b0246322_2361439.jpg


これは、盗まないね。
っていうかいらないよね。なんかデザイン変なの。
b0246322_2433327.jpg
オリンピック開催の雰囲気があんまりないロンドンでした。


お宝鑑定団でよく出品されるタイプ。
b0246322_235678.jpg

美術館や博物館の鑑賞は難しいと感じてしまう、芸術音痴。
b0246322_2352049.jpg


美術館の前で。

こんなくまパディントンはぜったいイヤ(≧□≦)!!
b0246322_2492220.jpg



和さんちからちょっと歩けば
フリーメイソン本拠地
フリーメイソン御用達のパブも付近にあります。
みんないスーツ、いかばん、いネクタイで
全員おそろいの格好をしているのですぐ分かります。
b0246322_2354219.jpg


和さんちからちょっと歩いた公園。
この付近で張っていたら「白いヅラの判事さん」が裁判所から出てくると聞いて行ったけど、会えなかった・・・。

みんな芝生に座ってお弁当食べるんだだいぶ好きみたい。
花見みたいやなぁ。
b0246322_2355555.jpg




和さんちからちょっと頑張って歩いたら中華街
b0246322_2374051.jpg


SOHOあたりに日本食の店もあって

ラーメン店
の前で立ち止まる夫。
b0246322_238285.jpg

ラーメンは日本のラーメンが食べたいんよな~。
あのダシ、あの麺・・・。中華料理店ではアカンのよなぁ~。
b0246322_2382861.jpg


和さんちからもっともっと頑張ったらリバティ

これがデパート!?
b0246322_2391387.jpg


階段も
b0246322_2392881.jpg


エレベーターホールも
b0246322_2394619.jpg


エレベーターも
b0246322_240027.jpg


素敵すぎる~~~。
ちょうどセール時期だったけど、旅行者には無縁のアイテムばかりでした。
アウトドアグッズの店があったら、なんかムリヤリ買って「リバティ」って書いてある紫の紙袋提げて歩いたのになぁ。
b0246322_2401732.jpg



和さんちのほんま近所で、オランダ料理
お好み焼きみたいやな~


おいっ!オランダもうすぐ行くのになんでオランダ料理食べたんなっ!」

あ!そうだった・・・。
b0246322_2422172.jpg


近所で有名人に出会った。
b0246322_2503718.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-10 02:18 | 2012年イングランド  

チャリで走るぞ ついでに観光

ロンドンで地下鉄はちょっと乗るだけで切符一枚500円くらいするし
(スイカやイコカみたいなカードを使うともっと安いらしい)

バスも一回2.3ポンド。

けっこう高いなぁ~、どうやって散策したらいいかなぁ~
と迷っていたら和さんがおすすめしてくれた自転車レンタル

バークレイという大手の銀行がしている
街角自転車レンタルサービス。(CEOが辞めたことは滞在中のテレビのビックニュースでした!)



スペインでは地元の人しか乗れなかったり、フランスではシステムがよくわからなくて使えなかったり・・・


でもロンドンではとっても簡単お手軽でした。

なぜなら画面に日本語ページがあるから!
そういえば、地下鉄の切符売り場も日本語ページあってびっくりしました。


クレジットカードを差し込んで、
1日利用(1ポンド)か7日利用(5ポンド)を選択。
こんな街中どこでもある機械にクレジットカードで支払うのがちょっと怖いけど、そこは銀行提供のサービス。
信じてみるかっ。
b0246322_1834582.jpg




利用権利を購入したら、再びクレジットカードを挿入して
今すぐレンタル」を押します。
そしたらタイムリミットと、自転車の鍵を解除するための5桁の番号が印刷されたらオッケー。
b0246322_1841762.jpg



あとは乗るだけ~~。
出発
b0246322_1845149.jpg



30分以内に返却したら何回乗っても無料。

1時間以内でも1ポンドやけん、バスに1回乗るより安いし、
チャリ1時間ってけっこう走れるよね~。
b0246322_186167.jpg


町中のレンタル&返却スポットが点打ちされた地図があるから安心です。

一回返却したら5分以上経過しないと次の自転車は借りられません。再び借りるときはクレジットカードを挿入して新しく自転車のロック解除コードをゲットします。

久しぶりの自転車テンション上がる~~~。

ロンドンでは自転車は完全車道走行です。
けっこう怖いです。



ロンドンブリッジ到着。
b0246322_187030.jpg




「よっし、次はロンドン塔に移動じゃ。まだ10分ある!」
b0246322_1872017.jpg
余談:ときどき見かけるiPadで写真撮るのって大変そう。

ロンドン塔到着。
b0246322_187382.jpg



有名な開閉橋、タワーブリッジ。この数日後、ちょうどオリンピック開催の1ヶ月前の27日に、このタワーブリッジに五輪のマークが飾られました。
b0246322_1875453.jpg


途中で通った場所。みんなが記念写真してるので、私も。
b0246322_1881044.jpg


次の日も、また別の日も、自転車でいっぱい移動しました。

ハリーポッターがホグワーツ行きの列車に乗るキングスクロス駅。
b0246322_188276.jpg



思ってたのと違う近代的な創り
b0246322_1884869.jpg


ほんまにここハリポタが出発した場所なん?と不安になってると
b0246322_1827191.jpg



ホームのなかじゃなくて外に

人だかり発見!!
b0246322_189236.jpg


カートが吸い込まれていく~。
b0246322_189885.jpg


ホグワーツってなに?」という人は

行けません
b0246322_1894979.jpg


すぐ横で本売ってました。
b0246322_1810577.jpg





隣のセントパンクラス駅がなかなか格好良いです。


「写真撮ってくれ」と格好つけても
アゴのところのマスクが・・・。


夫、スペインに引き続きロンドンでも花粉症です。
b0246322_18113928.jpg


シャーロックホームズといえばベーカー街221B

帽子とパイプ、自由に借りられます。
b0246322_18143058.jpg


やっぱりアビーロード
フツウの道路で信号もないのでかなり撮影は危険です。
b0246322_18351052.jpg




「ほんなにファンちゃうけど、とりあえず行ってくるわ!」と夫。


1回目

アカンアカン!右手と右足一緒に出とるっ。

ファンちゃうのに緊張!?
b0246322_18361814.jpg



2回目

4人で写真撮らないか」と誘ってきたおっちゃんに

おまえ、靴脱げ」と言われて断っていると

いつの間にかメンバーが減ってしまって

その辺の住民らしき男性二人が横断歩道を渡っていたので

「今だ!ついて行け!」とよくわからないままビートルズ結成

当たり前やけどいまいちバラバラ

いっちゃん前ジョンレノンの役の人、太い~~~~。
b0246322_18151254.jpg


3回目

うまく歩けたけど、カメラ用に立ち止まった瞬間に

プップー!!!とトラックにおもいっきりクラクション鳴らされました。
b0246322_18371786.jpg


ここスタジオやって。
b0246322_18192227.jpg



途中、目的にしていた返却ポイントが満車で、別のポイントを探していたら30分以内では到着できなかった・・・悔しい・・・ということもありました。
30分以上1時間未満のレンタルだと最初の24時間レンタル代金に加えて1ポンド加算されます。
支払いは自動的にクレジットカードで。


バッキンガム宮殿到着。
エリザベス女王でも出てくるん?っていうくらいの人だかり。
衛兵交代の時間は毎日これくらい人がいるそうです。
ディズニーランドでパレード見るみたいな感じ。
b0246322_18211489.jpg


ラッパの音と太鼓の音が聞こえて・・・

あーーー来た来た~~。
b0246322_18212884.jpg




おもちゃのチャチャチャみたいじゃっ。
b0246322_18215230.jpg


宮殿の前は人が多すぎて・・・
肩車してもらってようやく見えました。
b0246322_18221110.jpg


あ~可愛い~。夢の国じゃ~。
b0246322_1823232.jpg


「お~い撮ってくれ~」
こんな場所でほんな格好!捕まるじょっ。

b0246322_18224178.jpg
マスクの人はほとんどいないので、みんなに二度見される夫。


ちょっと歩けばビッグベン

キンコンカンコンキンコンカンコン
って学校のベルの音が鳴ってましたが、早送りみたいに早かったので思ってたのとちょっと違った。
b0246322_18231984.jpg



川沿いを歩けばスフィンクス。なんで?
b0246322_18243736.jpg



ロンドンのフリーマーケット。
b0246322_1825963.jpg


こんな帽子被ってパーティ参加してみたいわ~。
b0246322_18252631.jpg


時間があってもあっても足りんロンドン。
b0246322_18254889.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-08 17:59 | 2012年イングランド  

コッツォルズ

イギリスの庭、ブリティッシュガーデンは
きっと実家のお父さんお母さん大好きなはず!
写真いっぱい撮って見せたいと日帰りのツアーでやって来ました。

片道2時間、移動がほとんどで滞在時間はめっちゃ短かったけど四箇所の村に行きました。
b0246322_4235964.jpg
添乗員さんではないので付きっきりではないですが、バスで移動している間に村のことを少し紹介してくれました。
b0246322_4245498.jpg


とにかくいっぱい撮影したので見てください。

ひとつめの村「バンフォード」
b0246322_411180.jpg
18世紀の家並みが今も残っている場所。
b0246322_413560.jpg

坂道が多い街。
アンティークショップやティールームがたくさんある(立ち寄る時間はほとんどナシ!)。
b0246322_415397.jpg


ステンドグラスが素敵なセントジョンアップデスト教会。
b0246322_421565.jpg





ふたつめの村「ブロードウェイ」
b0246322_423847.jpg

バンフォードよりさらに100年古い町並み。
b0246322_425765.jpg

16世紀に立てられたホテルなどもある。
b0246322_431391.jpg

この日はほとんど曇り空。
b0246322_435526.jpg

典型的なイングランドのお天気です。
b0246322_441531.jpg
b0246322_444212.jpg
b0246322_451138.jpg
b0246322_453193.jpg
b0246322_46098.jpg
b0246322_462865.jpg
b0246322_464955.jpg
b0246322_471268.jpg
b0246322_473273.jpg


ときどき雨が降ってきました。
b0246322_47534.jpg

b0246322_481495.jpg
b0246322_483342.jpg
b0246322_485240.jpg
b0246322_491794.jpg
b0246322_495026.jpg
b0246322_4101388.jpg

たった30分だったけどめちゃくちゃいっぱい写真撮りました。
b0246322_4103618.jpg



みっつめの村「ヴォートン オン ザ ウォーター」
b0246322_4111411.jpg

ここでお昼休憩。
b0246322_4114649.jpg

イギリス上陸後初の紅茶!
マフィンと・・・

想像してたマフィンと違う
ケンタッキーフライドチキンにセットで付いてくるような
もっと大きいのを想像してたけど・・・

なんか小さい。
クッキーがちょっと膨らんだみたいな・・・


これ、自家製じゃなくて市販かな・・・
ジャムも実はほんなになくて、ビンに入って売んりょる添加物いっぱいのヤツちゃうん・・・

紅茶はなんか味薄かったし

思っとったんとちゃうなぁ・・・・・・・というのが感想でした。
b0246322_4144057.jpg


お会計のときはちょっと雰囲気よくミントの飴をのせて運ばれてきました。
b0246322_416056.jpg







よっつめの村「バイブリー」
トラウトファームというマスの養殖所が有名。
b0246322_4293563.jpg

養殖所の庭で結婚式~~~!!!
b0246322_4171569.jpg


晴れて青空も出てきたし、最高~!

こっちまでお祝いの気持ちが盛り上がる~。
b0246322_4183019.jpg


友達か誰かこんな結婚式せんかいな。
シャンパン持って庭でワイワイとかめっちゃ理想的。
私も帽子被ってあのおばあちゃんみたいなワンピースで結婚式出席したいわ~。

「お前は日本人じゃ。あのおばあちゃんはイギリス人じゃ」

決定的に違うけん仕方ない・・・・
b0246322_4192496.jpg


アーロントンローという14世紀に羊小屋として使われていた建物が今も健在。人が住んでいる。
詩人のウィリアムモリスも絶賛した村。
b0246322_4221892.jpg


駆け足でめぐった四つの村。
朝8時に集合して出発したバスツアーは17時30分に再びビクトリア駅に戻ってきました。
超特急やけどふたりで1万円の日帰り旅行。まぁこんなもんかなぁ。

「みゅう」という有名なところに申し込んだけど2時間のバスのなかでの「おやつ禁止」で遠足気分が盛り上がらず、「バスにトイレなし(あるけど使用不可)」でちょっとソワソワしました。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-07 18:50 | 2012年イングランド  

和さんに会いにやってきた!

イングランドは「ロンドン在住30年の人に話しを聞こう~」というのが目的。

徳島でお世話になっていた着付けの先生のご紹介で
ロンドン在住30年の和さんを訪ねました。

まずは

和さんの行き付けのお店で、ロンドン初のパブ体験
b0246322_18102720.jpg



古くからあるパブは入り口が二箇所。
労働者階級と金持ちとでドアが違い、店内でも自然に別れて座っていたようです。
このパブも歴史あるお店。
b0246322_1852465.jpg



ビールといえばキーンと冷えているものと思ってしまいますが
冷えてないといけないのは辛口の「ラガー」ビール。

和さんのおすすめは地下に貯蔵し、地下の温度で保管されている
常温ビール


甘いような、でもコクのある味。不思議な味。
ぬるくて炭酸もそんなにないし「ビール」って言われて
???って感じだったけど、少しフルーティ。
ゴクゴク一気飲みっていうよりはちょっとずつ味わいながら飲みたいビールかも。
b0246322_1883668.jpg


どこのパブでも飲めるわけではない、貴重な銘柄です。
DOOM BAR
b0246322_1854985.jpg


イギリスといえばやっぱりギネスですよね!
「ギネスはね、出産したお母さんの授乳がうまくいかないときに、小さいギネスが1日2缶提供されるんだよ」
え!!
「鉄分とかミネラルが入ってるから体に良いんだって」
良いこと聞いた~。妊婦になったらホレのもう。
「いや、出産した後ね・・・」
あ、そっか。
b0246322_185315.jpg



リンゴなどのフルーツの香りのするビールを「サイダー」と注文すること、
イチゴとライムのお酒も実はビール、
パブでの体験学習です^u^
b0246322_1895784.jpg


この日は6月24日、サッカーヨーロッパ大会のイングランド対イタリア戦の日。
パブはぎゅうぎゅうの立ち見状態。
b0246322_18165234.jpg


なんとか壁側のイスに座って
b0246322_18161134.jpg

フィッシュ&チップスを注文。
や、山盛りっ!
これがイギリスの味か~。
b0246322_18162480.jpg


と味わってたら
負けた~~。

PKで、負けた~~~。
b0246322_18171371.jpg


パブ「トゥーブリュアーズ」。
b0246322_18172979.jpg




イギリスといえば紳士の国。
紳士の嗜好品のひとつ葉巻、タバコにこだわる和さん。

イギリスにたった二人しかいないという職人さんにその場で作ってもらった自分のためだけの葉巻を見せてくれました。
b0246322_18181332.jpg


♪ゴロワーズという煙草を吸ったことがあるかいっ♪
思わずムッシュかまやつが口から出てきました。
b0246322_1818274.jpg


煙草も葉っぱを自分でクルクルと時間をみつけては巻いています。
葉を買いに行くけど一緒に行く?」
行きます行きます~。
b0246322_1818446.jpg


コベンドガーデンのマーケットにある煙草屋さん。
小さなお店なので前のお客さんが出るまで店の外で行列を作ります。ATMみたい。
b0246322_18191128.jpg


ビンに入っているのはどれも葉っぱ。
お店がオリジナルにブレンドしているものを買ったり、数種類の葉を買って自分で混ぜたり・・・コーヒーみたい。
b0246322_18194380.jpg


葉によってパイプも使い分けたりするそうです。

渋いチョッキを着たおじさんが慣れた手つきで葉を紙に包んでお買い物終了。
b0246322_1820288.jpg



「明日はイングリッシュブレックファーストでもしようか?」

えぇ!いいんですか!?

ロンドンでは金融マンだけでなくシェフもしていた和さんが朝から腕を振るってくれました。

直径8センチはありそうなプリップリのマッシュルームを炒め、
b0246322_18205846.jpg
トマトにもコンガリ焼きめをつけて
b0246322_18211145.jpg


じわじわオーブンで焼き上げたソーセージ。
ソーセージは電話で注文して後日受け取りに行くという、オーダーメイドで手に入れる特別なもの。


見た目が豚バラみたいな肉厚のベーコンをちょっとカリカリにして
b0246322_18212450.jpg



完成~~~!!
いただきま~~~す。
b0246322_18215582.jpg
なにげなく使っているこのお皿ウエッジウッドだそうです。
知ったら、洗うん怖い・・・。


「夜はジャケットを焼こうと思うけど食べる?」

食べます食べます!

ジャケットとはいわゆる
ベークドポテト
皮をつけたまま食べるので服を着ている状態だから通称「ジャケット」だそうです。



170~180度で1時間、バターをたっぷり塗って
b0246322_18221446.jpg


ベーコンとチーズをのせて完成です。
b0246322_18222785.jpg


時間をかけてオーブンでじんわり焼いたポテトだから
食べ終わるまでアツアツホクホク
汗でる~~~。
作りかたはシンプルやけど、これがイギリスなんやなぁ~。
お店で食べるんじゃない、家で食べられたことに大感激です。
b0246322_18223987.jpg


汗をかいたら屋上でちょっと涼んだりできます。
夏はマンションに住む子供たちがプール遊びをして賑やかになります。
BBQセットもあるし!
b0246322_18235639.jpg


いろんなお酒に興味のある私たち。
イギリスといえばJINですよね?
「退職のときにプレゼントしてもらった良いのがあるから、飲んでみる?」
とそんな特別なジン「ヘンドリックス」をいただいたり
b0246322_18242180.jpg


イングランドの西にあるコンウォール地方の蜂蜜ワインをいただいたり。
蜂蜜が発酵したらこんなになるの!?すご~~~い。
b0246322_18245555.jpg


ピーナッツを食べていた私たちを見て
「豆が好きなのかなと思って」
とピスタチオを買ってきてくれたり
どんだけ優しいんですか!?
b0246322_18253476.jpg



イギリスといえばインド
インドといえばカレーですよね。

「近所でイギリスで一番美味しいインド料理の店があるよ。
一緒に行く?」

えっ。いいんですか!?

行きます!!
b0246322_1826221.jpg


インドビールで乾杯。
b0246322_18261899.jpg

b0246322_18263410.jpg


やっぱり最初は、タンドリーチキン
スパイスはググっと濃厚、鼻から抜ける独特の香ばしさ。
たまら~~~ん。
b0246322_18265112.jpg


オニオンバジルという、ちょっと徳島でいうところの「天ぷら」(魚のすり身を揚げたもの)によく似たもの。
ちょっとスパイシー。すでに汗出てます。
b0246322_3482942.jpg



チキンとラムはマドラスという辛いもの、
エビは脂身がないので一番マイルドな辛くないもので。
b0246322_18292519.jpg



エビはともかくっ

ラムもチキンも辛いですっ!

汗が・・・汗が・・・

と口から火を出していると和さんが頼んでくれたのがラッシー。


ひぃ~~~ちょっと落ち着いた。
ほなけどまだ辛いっ
b0246322_18295421.jpg
和さんが電話で予約してくれたけど、早い時間は満席で8時半にようやく席がとれたのでした。
旅行客も多いお店でしたが、私たちの隣の席もその向こう側もインド系の人たちでいっぱい。
あ~インドカレー満喫!


見ず知らずの私たちにどこまでも優しい和さん。
1週間滞在させてもらったロンドンでの「おうち」です。
b0246322_18373860.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-04 18:02 | 2012年イングランド  

ロンドンへ

出発の朝は土曜日、えっちゃんは学校もお仕事も休みでのんびりできる休日なのに

バス乗り場まで見送りに来てくれました。

えっちゃんほんまにありがとう!えっちゃんと過ごしてパリが大好きになったよ~。
b0246322_174654100.jpg

徳島で素敵なお花屋さん開いてね。
そのときはお祝いパーティをパリ風に花屋さんでしような!料理作るよ!お酒持って行くよ!
ほんでパリの思い出いっぱい話そうな~。
えっちゃんのフランス滞在生活はコチラでチェックできます♪


ロンドンにはバスで10時間(実際にはもっと早く到着しましたが・・・)。

ロンドンは「入国が厳しい」と聞いていたので
・ロンドンを出国するチケット(ドイツ行き)
・銀行の預金残高が分かるもの(阿波銀行のネットで確認できるものだから、日本語なのでほとんど効力なし!?)
をプリントアウトして挑みました。

ドーバー海峡を渡る直前、フランスの出国はフツウにスタンプもらって終わり。

次はイギリスへの入国。
この中へ入ると・・・・
b0246322_17481210.jpg



5つほどあるカウンター。


私の担当はおじちゃん。

何も聞かれることなく、イミグレのカード渡したら終了。

滞在先も日数も、目的も、なんにも聞かれなくて南米なみにスルーパス

あ~よかった、心配なかったんでぇ、取り越し苦労やな。
うんうん。


ところが


3つ隣のカウンターで質問攻めにあってる!!!


「日本での仕事は?」

SEです(まぁパソコン使うしだいたいほんな仕事だったよね)。

何日いるつもりなの」

1週間です。

「目的は?」

観光です。

どこに泊まるの?」

知り合いの家です。

「それ、ダレ?」

・・・・・・



この辺から不安になった夫が、もうすでに難関を突破した私を


マイワイフ!!と指差した!



入国パスした私、もいっかいカウンター前に戻って
夫と一緒に質問を受けました。

「知り合いってダレ?」

マイフレンドです。

「ナニの仕事してるの?」

銀行マンです(証券会社だったけどほんな英語知らんし)。

ナニ人?」

日本人です。

「いつ日本に帰るの?」

7月20日です(ウソ)。

「・・・・」





・・・・・





「・・・・」






ガチャコン!!


やった!!
ハンコが押されました。




無事入国~~~~~。


「ひぃ~ハードル高かったなぁ。」

え、あたしはいけたよ?
b0246322_17483340.jpg



入国拒否のパリへの強制送還がなくてよかった。
バスに再び乗り込みあとはドーバー海峡を渡るだけ。

勝手にで渡るもんだと思ってたら
列車のコンテナみたいなところに突入。
b0246322_17494711.jpg


そして40分。
ときどき飛行機に乗ってるみたいに耳抜きが必要になるから
あぁ海の底なんかな~と感じるけど
ずーーーっと景色もなく、窓の外はこれだけ。
b0246322_1750212.jpg


地上に出たと思ったら
b0246322_17503480.jpg


斜線、ハンドル!
b0246322_17501658.jpg


イギリスでぇ。

知らんうちにイングランド到着です。
b0246322_17505183.jpg


あ!ハリーポッター!
b0246322_1751588.jpg


ピータラビットの国、くまのパディントンの国、機関車トーマスの国、紅茶の国
b0246322_17512479.jpg


シャーロックホームズの国、ビートルズの国
b0246322_1754211.jpg


霧の町ロンドンだけど、雨もしょっちゅう振る国
b0246322_17543861.jpg


フットボールの国、ラグビーの国、ウィンブルドンの国、クリケットの国、赤い電話ボックスのある国
b0246322_17534718.jpg



ロンドン!すごいぞ!
エリザベス女王、即位60年おめでとうございます!
b0246322_17532559.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-07-03 17:44 | 2012年イングランド