カテゴリ:2012年チリ( 4 )

 

チリらしい思い出

韓国料理の写真ばっかりで、どこ旅行してるか分からなくなってはイケナイので一応観光の報告。
サンティアゴのちょっと北にあるバルパライソに足を伸ばしました。
大きな港があってタンカーが出たり入ったり。たくさんのコンテナが運ばれていました。
このあたりは、場所によっては危険なとこもあるらしいのであんまり裏道をウロウロしないほうが良いようです。
b0246322_10214879.jpg

目的は、前にテレビで見たことがある「木の箱のエレベーター」。山際にたくさんあってどれも300円くらいで乗れます。たくさんあるアセンソール(エレベーターの名前らしいです)のなかで「コーポラシオン」が安全と言われたので、そこにしました。
けっこうボロい木の箱は、急斜面急発進します。ちょっとスリリング。
b0246322_10244730.jpg
すれ違いざまに写真撮ろうと思ったけど、ごちゃごちゃしてたら行っちゃった~。あぁ~、写真、撮れんかった・・・。
b0246322_10251867.jpg

街の見どころは何なのかよくわからんかったけど、どうもアートっぽいものが有名らしいです。
ギャラリーもいっぱいあるし、カフェもショップも。
b0246322_10262197.jpg
b0246322_10264652.jpg
b0246322_10271578.jpg


前にテレビで、ウォールアートがいっぱいあって、今もどんどん増え続けているっていうのを見た気がしたけど・・・壁の絵は、どれがアートなのかラクガキなのかナゾでどこを写真に撮って良いか結局分からんかった。

ま、特に何もないかな。

え!世界遺産なの!?
b0246322_102750100.jpg



バルパライソの駅前で豆を購入。
突然、屋台のおばあちゃんと一緒に豆を売ってた女の子が「私明日愛知県に帰るんだ」とペラペラの日本語で話しかけてきました。
ミシエルは春から日本で中学1年生。お父さんが日本人で日本人のお姉さんがいること、でも血はつながってないこと、前は日本の学校に通っていて6年生だけチリにいたこと、、、個人情報をいっぱい話してくれました。ドラマもショッピングもチリより日本が面白いから~、友達も先生も待ってくれてるから~と嬉しそうに話してくれました。
b0246322_10284343.jpg

最後に「電話番号書いておくね」と走り書きしてくれました。
b0246322_1029266.jpg
国語の通信簿、ちょっと心配。でも中学校、頑張って~!みしえる!

時刻は午後1時、芝生の上でのシエスタ(昼寝)はもちろん、コンクリートの上でだってシエスタ。これぞチリアン・スタイル!
ビーニャデルマルでカバンのチャックを開けられて、危うくスリに会いそうになった夫はかなり警戒。
b0246322_10293726.jpg



チリで最高に楽しんだのは韓国料理
だけではなく、チリワイン。
安くて美味しいので日本でもしょっちゅう飲んでました。せっかくやしワイナリーにも行って来ました。
ツアーは大抵5000円以上か~高いな~と思ってたら、メトロとバスで行ける近くのワイナリーを教えてくれたので行ってみました。
「ロス・メルセデスの駅で降りたら73番か81番のバスに乗ったらすぐ着くよ」という韓国語フリーペーパーのアドバイス通り、中心部から1時間もかからず到着。
世界中に輸出されている有名な「コンチャ イ トロ」。
b0246322_1030610.jpg


一応ネットで予約しといたけど、名前を聞かれることもなくお金を払って入場。3000円くらいのコースもあるけど、1200円のコースでもワイン2杯飲めるみたいやし、ほれでいいや。

ガイドさんに案内されて1時間30分のコースです。あ~早く飲みたいな~。
b0246322_10303860.jpg


飲みた過ぎる気持ちを、ブドウを食べて紛らわす夫。
「そのまま食べてもこんなに美味しいブドウ、ワインにするんか~。もったいないな~」
あ~早く飲みたい~。
b0246322_1031851.jpg


ヤッター!汗ばむくらい暑いので、まずは白ワインが出されて感激。
b0246322_10312917.jpg
英語とスペ語のツアーがあってスペイン語を選んだもんだから、説明がちっとも分からない。ただ皆に付いて行って飲むだけ。
さ~どんどん、行こう~。
b0246322_10315137.jpg

タルがいっぱい並ぶ蔵の中は15度。ひんやりした蔵は、天井からミストを出して湿度も適度に保たれています。
b0246322_10332716.jpg

「タルがいくつありますか?」と聞こうとして「タルはひとついくらですか?」と聞いてしまって失笑。結局、いくつあるのかは分かりませんでした。
でもとにかく、ムーチョ樽!!!大人買いしちゃう!?
b0246322_1034293.jpg

さらに地下の貯蔵庫へ。4メートルくらいの低い天井、暗い地下に入ると扉が閉まりスピーカーからスペ語での説明が聞こえてきます。
b0246322_10352560.jpg
照明もあっちがピカ!こっちがピカ!「テーマパークみたいやなぁ」
b0246322_10342767.jpg

2杯目は赤。
b0246322_10344419.jpg
三種類のブドウが使われたものです、という説明。それ以上の聞き取りは不可能!おいしくいただくのみ。
b0246322_10354911.jpg
飲んだワイングラスは持ち帰ることができます。
ちょっと飲んだら拍車がかかって、もっと飲みたい気持ちになってきた~。
b0246322_10363167.jpg

アルゼンチンワインも楽しみだな~。
b0246322_10483637.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-04-01 11:44 | 2012年チリ | Comments(4)  

サンティアゴの韓国人宿

韓国人と日本人だけが泊まれるから、宣伝しといてね~とオモニが言ってました。
1人25ドルで朝食と夕食付き。
もちろん毎日キムチが食べられます。
b0246322_1074951.jpg

オモニは毎週160コの白菜を漬けます。宿泊していない近所にいる韓国人が食事だけしに来たり、オモニのキムチを買いに来たりするのでたくさん作っています。
b0246322_1081550.jpg

朝ごはんは8時くらいから。顔を出せばご飯とお汁をよそってくれます。
朝ごはんは必ず韓国のりが出されます。キュウリのキムチは日本のお漬物にすごく似てました。大根のキムチ、新しいキムチに、古いキムチ・・・塩分摂り過ぎにならんかな?と思うけど、お箸が止まらない~。
b0246322_1085167.jpg
「まだ眠いし、朝ごはんパスしようかな~」と思いながらまどろんでいると、キムチの香りがプーンと二階まで漂ってきます。ちょっとだけ食べようかな~とお汁を飲むと、目が覚めます!食欲も出てきて、結局毎朝ペロリと食べてました。
b0246322_1095738.jpg


夜ご飯は7時30分から。ご飯、お汁、キムチ、という定番の韓国の家庭料理が食べられます。お酒を飲みたい人は買っておいて自由にやりなよ~って感じです。冷蔵庫も使わせてくれます。魚介のキムチスープ「デグ」の日。
b0246322_10104935.jpg

ご飯のあとは庭で酒盛り!韓国人、お酒強すぎます。普段JINROとかばっかり飲んでるからか、ビールくらいのアルコール度数は屁でもないって感じでグビグビ飲んでます。
最近ビールがお腹にこたえるので、私はチリワイン。「どうですか?」とすすめると、これまたグビグビ。ビールが入ったコップを出してきて「混ぜて飲みます」と言う若者まで・・・。韓国では、酒はとにかく飲めたらいいのか!?
b0246322_10114216.jpg


豚肉のキムチチゲの日。「日本のお肉業界の処理能力は半端ないけん、日本人のボクらはこういう肉の塊を食べる能力が劣っている」と夫は変なところで日本の魅力を感じていました。
b0246322_10122440.jpg

今日は私たちの最後の夜、ということでジョンさんがスペシャルなピスコを買ってきてくれました。
b0246322_10132081.jpg


あ~楽しかった!美味しかった!ん?ここチリだったよね!?

韓国人宿の名刺には「ドクター」の名前が。
オモニの旦那さんが鍼灸師をしているそうです。とりあえずこの住所があれば行けます。
本格キムチ、チリで食べてくださ~い。
Antonio Lopez de Bello N○169-Recoleta-Santiago

洗濯物は青いカゴに入れておくと洗って干してくれます(無料)。
タンクがあって湯も水もいつでも飲めます。
すぐ隣にもコリアンレストランがあるし、「サンティアゴではご飯食べて寝てご飯食べただけ。何もしなかった」というのが頷けます。こりゃリラックスするわ~。

私たちが2人で使わせてもらったのは三人用の部屋。窓からは日差しが入るしすごく快適です。

オモニは英語はあんまり話せないのでスペイン語か韓国語が良いみたいです。

韓国人宿周辺はウォールアートがいっぱい。
b0246322_10135287.jpg
b0246322_10141830.jpg
b0246322_10143871.jpg
b0246322_10145976.jpg
しかし・・・キムチと米食べ過ぎて太った気がする・・・。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-03-30 10:15 | 2012年チリ | Comments(5)  

32歳になりました!

ラジオでは井上アナがバイオリンでハッピバースディを弾いてくれたり、facebookやメールでもたくさんお祝いメッセージをもらったり、素敵なスタートになりました。本当にありがとうございました。
時差12時間の日本の家族は、PCの向こう側でクス玉を割ってお祝いをしてくれました。時差の関係でこちらは26日の朝、日本は深夜で酔っ払った家族は自分たちで割ったクス玉に大爆笑していました。
明るい家族なので安心してこんな旅ができるんやな~と改めて感謝です。

サンミが到着した翌日、友達のヘナンが汐見荘にやって来ました。
ヘナンは料理好き男子。コチジャン持参で汐見荘に来て、韓国料理を作ってくれることに。
b0246322_23421043.jpg


イカとエビ、アワビの入ったコチジャン炒め。美味しそう~。
b0246322_23424583.jpg

こりゃビールやな~と準備をしていると
「サチコ~ハッピバースデー!」とチヂミケーキが運ばれてきました。
b0246322_23431029.jpg


えぇ~こんなん初めて~。
そして韓国語でのバースディソングも初めて~。
ムーチャスグラシアスー。
b0246322_2343328.jpg


ヘナンは7ヶ月旅をして、今週中には韓国に帰国するのでまさに現在旅のフィナーレ中。にも関わらず、サンティアゴの韓国人宿からはるばるバスで2時間の日本人宿汐見荘に来て見ず知らずの日本人のために誕生日チヂミケーキを作ってくれたりして、見るからに優しそうやけど、どんだけ優しいんだ~!
b0246322_2345917.jpg

サンミは明後日にはブエノスアイレスに行く予定です。その直前なのにわざわざ会いに来てくれて。ほんまにありがとう~。「ヒデがろうそく探して走ってたんだよ」とサンミ。「なんか怪しい行動しよるな~と思ったんよ!」
b0246322_23483785.jpg

今話題の「エスカルゴクリーム」のプレゼントまで。えぇぇかんまんの~!?
b0246322_2346441.jpg


他のグループも食事が終わって庭に出てきてワイワイと賑やかな夜になりました。三線を持っていたケンさんに、ソウルフラワーユニオンの「満月の夕べ」をリクエスト。
最高の誕生日になりました。感謝の気持ちをしっかり伝えられる一年にしたいと思います。
b0246322_23463797.jpg


日本では飲んだあとの〆にラーメンやけど、韓国では飲んだ次の日の朝ラーメン食べるそうです。それは確実にヘルシーじゃ。
「アワビ入り辛ラーメンお待たせ~」辛ラーメンもヘナンが持ってきてくれました。至れり尽くせり!
b0246322_23493217.jpg


それにしても韓国料理はおいしいな~、サイコーじゃ~。
と大感激していると「サンティアゴの韓国人宿は、朝晩の韓国料理込み・水もフリーで、洗濯物もオモニがタダでしてくれるから来れば?コリアタウンの中だから辛ラーメンや韓国ノリが買えるお店もいっぱいあるよ」とサンミ。
行く行く~!!!!
b0246322_23522782.jpg


来ちゃいました。さっそくかっぱえびせん買っちゃいました。日本の味とはだいぶ違いました。ひな祭りのアラレの「白」の味に似てます。
b0246322_23514913.jpg

ワサビ、ガリ、カレーのルー、みそ、醤油、何でもある。
b0246322_23532346.jpg

すごい。リマの中華街は比でないくらい、日本食・日本お菓子が充実。
b0246322_23553189.jpg
こんなお店が何軒もあるなんて、コリアタウンサイコー。
b0246322_23542235.jpg


あんパン美味しい~。
b0246322_23563466.jpg


そして夜ご飯はキムチー!!!
浅漬けのキムチと古いキムチ、キュウリのナムル、マッコリ。「キムチもご飯もいくらでもお代わりできるよ!」韓国の高校のお弁当はキムチを真ん中に並べて友達と一緒につつきながら、白いご飯と韓国のりを食べるんだそうです。こんだけカプサイシン摂取して、野菜がほとんどの食事でお腹一杯になったらそりゃ韓国人はスリムなワケだわ。
「キムチはビールにぴったりだよね」というと「え!?キムチはご飯のお供でしょ?!」と皆が一斉に驚いてました。キムチとビール!って注文は居酒屋の定番ちゃうの!?・・・異文化交流です。
キムチで湯でた豚を包んで食べるともう最高。明日の朝ごはんも楽しみ~。
b0246322_23571521.jpg

韓国人は日本以上に年齢の上下関係が厳しく、礼儀を重んじるので29歳のヘナンは、最後までせっせせっせと片付けをしていました。
32歳になっといてよかった。

韓国で警察官をしているというチョンハン。韓国に奥さんがいます。「最後のチャンスと思って旅に出た。前から計画していたから、今はこの旅を彼女がサポートしてくれている。韓国に帰ったら今度は彼女が旅に出るから僕がサポートする番だ」と言ってました。
なんか、良いなぁ~。カッコ良いなぁ~。昔付き合ってたのは東大出の日本人なので、チョンハン日本語を少し話します。そして「アオイソラ」が大好きだそうです。夫だけでなく、真面目さが好印象だったヘナンまで、ウンウンと頷き、このあとさらに男同士さらに酒がすすんだようでした。
b0246322_003027.jpg
サンミとヘナンは明日の朝、それぞれの目的地へ出発します。アディオース!またね~!
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-03-29 00:12 | 2012年チリ | Comments(4)  

チリの海辺を満喫

参考にしている地球の歩き方が7年ほど古いものなので、地下鉄に乗ろうとしたら目的にしていた「○○方面」がない!!
b0246322_12194818.jpg

ひぃひぃ言うて歩いて疲れてきたころに案内板をよくよく見たら、路線が伸びていた~!
チリは日々進化しているようです。
b0246322_12201158.jpg
迷ったおかげで、前にテレビで見たことのある「駅の図書館」を見つけることが出来ました。けっこう行列できてます。
b0246322_12212158.jpg

アルメダ公園で馬とおまわりさん。
b0246322_1294449.jpg

インフォメーションセグエイ。
b0246322_12244619.jpg

メルカドでお目当ての魚介三昧。
b0246322_12251125.jpg
エビ、イカ、白身魚、貝柱、なにやら貝・・・海鮮のダシはしっかり出てるけど、魚自体の甘みというか旨みは、そうでもないので、スープばっかり飲んでしまいました。
b0246322_1225325.jpg

鮭のクリームソースは自分で塩振って、バター足して、調整が必要。シェフだったら「キメ!」まで味持っていってくれよ~!
b0246322_12255527.jpg

夜はアボカドとトマトと、こちらではよく見かけるお惣菜(ハムとチーズ、オリーブやカリフラワー、紫玉ねぎなどの野菜たっぷりの酢漬け)です。
そしてそして、チリのパン、ムイ美味しい!
この旅で一番美味しいパンに出会えました。やった~。もちろんチリ産ワインを堪能。
b0246322_12261732.jpg



チリの海鮮をもっと楽しむため、サンティアゴから2時間ほどの街海辺の町「ビーニャデルマル」へ。
目的は汐見荘!チリ旅行の定番になっているキッチン設備充実の日本人宿です。
ウニベルシダ デ サンティアゴの駅で降りるとすぐに「バスターミナル」の看板あり。バス会社も多いし本数も多いので、すぐ乗ることができました。往復1人1000円くらい。
走りだすとすぐ、ブドウ畑。
b0246322_12264982.jpg

バスの途中でおばちゃんが乗り込んできて販売している甘モノを堪能。スティックタイプのお菓子はサクっとしてるのかな~と思ったら麩菓子みたいでちょっとガッカリ。
b0246322_12274979.jpg

バルパライソに到着してインフォメーションへ。
「え~と・・・」
「シオミソウね!行き方はね~・・・」
一瞬で日本人と見破られました。
b0246322_12291352.jpg
こんなに中国人っぽい髪形になったのに。
b0246322_12294160.jpg

バスを降りて北側の道に行くと「86番のコレクティーボでOKよ!」と言われて歩いた先で、気になる食堂発見。
土曜日の昼過ぎなので近所のおっちゃんやお兄ちゃんたちが集まってビール&フライドポテトでダラダラと過ごしています。
b0246322_1230923.jpg

前菜はチーズ入りパイ。屋台でも売ってるエンパナーダ。
b0246322_12303091.jpg

セロリたっぷりの野菜スープ。
b0246322_1231075.jpg

メインはあてずっぽう注文の結果、これ。見た目はかなりインパクトあります。このチョリソー、最初ちょっと臭みを感じたけど、鼻に抜ける香りもスパイシーで、パスタに絡めるとその塩味がけっこうイケる。
b0246322_12313591.jpg

夫はハズレほぼなしの、安全パイ「ポヨ(鶏肉)」。ちょっとズルい。
b0246322_1232278.jpg



・・・海鮮は、もうちょっとあとで・・・。


無事汐見荘到着。庭でご飯を食べていると、たいてい近寄ってくるネコのしまちゃん。
b0246322_12413926.jpg
触ろうとすると攻撃されるので気をつけたほうが良いそうです。
b0246322_124164.jpg


ビーニャデルマルで楽しみにしていたのが、宿から歩いて30分の漁港に併設された産直市。
鳴門の北灘とおんなじ匂いがする~。
b0246322_12421282.jpg

アワビ、エビ、サーモンを売っているコーナーではなく、夫はコレに大興奮!!!
アザラシ~~~~。
b0246322_1248359.jpg

30頭以上いるアザラシを、激写しまくり。
b0246322_12491272.jpg
週末は特に、少し離れた場所からも観光でこの漁港に来る人が多く、みんなカメラをかまえたり何十分もじ~っと見たりしています。大迫力。
b0246322_12501330.jpg

アザラシは、漁師さんがサバいたあとの魚のヘタをバケツいっぱい投げ入れるとすごい勢いでご飯を奪い合います。
たまにチューしてたり。
b0246322_12503829.jpg

アザラシすごかったな~。
ペリカンもおったけど、アザラシで薄れるなぁ。
あ!海鮮買うん忘れた!!
b0246322_1251585.jpg


気を取り直して街の中心へ。百貨店やスーパーにもなぜだかウサギがいっぱい。
b0246322_12514057.jpg

干支の「卯」って感じのウサギ。
b0246322_12533316.jpg

お月見っぽいウサギ。
b0246322_12541269.jpg
子供ににぎりつぶされたウサギを見ていたら
「セマナサンタに子供たちにあげるのよ~」とおばちゃんが教えてくれました。
b0246322_125511.jpg

グアテマラでプロセシオンやベラシオン、アルフォンブラまで見たのですっかり終わったと思ってたセマナサンタ(聖週間)。そっか!そう言われてよく見るとウサギの横にエッグもありました。
でも卵よりウサギがかわいいな!コレ、サンミにあげよう♪
b0246322_12555450.jpg

そうです、実はグアテマラで出会ったサンミと一ヶ月ぶりに再会できたのです。
b0246322_12564442.jpg

英語スペ語、日本語までしゃべっちゃう韓国少女サンミと。
今夜は七面鳥焼いて、サラダとパンです。チリ産ワインもいっぱい飲もうね。
海鮮は・・・買い忘れたから、次ね!次!
b0246322_12573855.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-03-28 12:58 | 2012年チリ | Comments(7)