カテゴリ:未分類( 18 )

 

夏らしい食卓もあと少し

街中でもとんぼの姿を見かけるし、だいぶ秋の気配を感じるようになってきました。おばあちゃんちからの夏野菜も、もう終盤。
b0246322_9453645.jpg


畑で逞しくそだったトマトは皮が分厚いので、湯むきして甘いとこだけたっぷりいただきます。
b0246322_9453753.jpg



徳島県内、盆前の台風の爪跡が残っている場所もありますが、今度は広島で土砂災害が!広島は友達の出身地やし、野菜をいっぱいくれる、一番若い私の母方のばあちゃんが子供時代を過ごしたので、縁を感じる場所です。
ばあちゃんがよくしてくれる昔の話しが、子供のころ、広島で土砂崩れが起きて家が潰されたこと。明け方の出来事だったそうです。戦争で木をいっぱい倒したのが要因だったとばあちゃんは言います。その災害でお母さんと妹や弟三人が亡くなったので、ほんまだったら七人兄弟だったばあちゃん。お母さんも亡くなったことで妹は施設に預けられて、ばあちゃんは家のことやお父さんの世話をせなあかんかったけん学校にはあんまり行けんかったそうです。

今回、広島で大きな土砂災害の被害に合われた方にお見舞い申し上げます。
[PR]

by miyamotosachiko | 2014-08-20 09:44 | Comments(0)  

「グアテマラの弟」に誘われてのアンティグアでした

いっつもヨガボールに座ってPCに向かう片桐校長先生。
b0246322_9352982.jpg


校長先生にずっとついてまわるジェシカ。
b0246322_9354727.jpg


休憩時間にコーヒー飲んだりするテーブル。
b0246322_936266.jpg


日本語の本がずらり。
b0246322_9385657.jpg
ついつい立ち読みしてしまいたくなる「ちびまるこちゃん」発見。
b0246322_9381230.jpg



私たちはいっつも二階でお勉強。
午前は今、9人ほど、午後は4人が通ってました。
b0246322_9362467.jpg


スペイン語学校ATABALの二軒隣のパン屋さんがお気に入りでした。
休憩時間はそこでクッキーやパンを買い食いします。
b0246322_9363751.jpg

動物パン1コ35円。サカナと(ゾウに見えない)ゾウ。
b0246322_9364940.jpg


焼きたてパンを買いにきたご近所さん。
b0246322_9374492.jpg


リセス先生は「この時間あの店は焼きたてのあったかいパンが買えるのよ」といっつも大量買いしてます。
小柄なわりに、おなかは相当ポッコリ出ているリセス先生。
8日間、たくさんの単語と、現在形から過去形までを駆け足で詰め込んでくれました。
初日はあたまがパンクしそうになって、2日目3日目は「分かる」ことが楽しくて、土日を挟んだ4日目はまたスペ語がどっかいっちゃって沸騰状態。
次の二日間はまたテンポがつかめて面白くなったけど、最後の二日は少ししんどかったです。
b0246322_9391997.jpg



スペイン語学校アタバルは、毎週日曜日夜6時30分になると食堂になります。
「日曜定食」という週替わり定食、シェフは片桐校長先生。
先週は厚揚げ、今週はギョーザ。
こりゃ行かなきゃ!
b0246322_9393111.jpg


今日のために200個のギョーザを仕込んだそうです。
四角いワンタンの皮を市場で売っているおばちゃんに頼んで「丸い皮」を特別に作ってもらうんだそうです。
やっぱり人気はカレーですか?と聞くと
「最近カレーのルーはどこでも売ってるからねぇ。ワンタンのおばちゃんもカレールー仕入れてるし」という返事。
市場でカレーのルー!?見たことない!
まだまだ散策力が甘いみたいです。

出来上がると番号札の数字が読み上げられます。
「セイス~オーチョ~」
オーチョ!8番は私!
片桐校長の特性手作りラー油は超辛いそうなので、ほんの少し、そして醤油とミツカンの酢をお好みで。
スープとギョーザ、白ごはんにはお漬物がのせられます!ワンダフル!
もちっとした皮、ニンニクのしっかり効いた具、しっかりお腹にたまります。もっと焦げ目があってもよかったなぁ~、なんて言ったらバチが当たりますか!?
b0246322_9395128.jpg


一緒にご飯を食べたのは、同じ午後にスペ語の授業を受けているジュンちゃんとヒロくん。そして彼らと同じ家にホームステイ中という二人です。※ふたりは夫婦ではありません!
そんなに宿泊できる個室を持っている家とはどんな豪邸なのか!?気になります。

家族写真みたいになりました。
b0246322_9401892.jpg


この男性は35年近くグアテマラと日本を行ったり来たりしているカメラマン。なんとお父さんが鳴門の板東出身で、親戚は安宅で銭湯をしているそうです。
アンティグアで大麻比古神社のお守りを見せてもらい「アタケ」という地名を聞くと思いませんでした!
これも何かのご縁かな。
b0246322_9403531.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-03-01 09:40 | Comments(4)  

セマナサンタでプロセシオンでアルフォンブラ

朝一番、宿のオーナー・イルマが
「サチコ!今日はプロセシオンよ。見に行くでしょ」と声を掛けてくれました。
セマナサンタ(聖週間)が始まって最初の土日。

「ベラシオン」が土曜で「プロセシオン」が日曜で、ついに「アルフォンブラ」か~。と思ったものの、

どれもスペイン語の授業で先生が教えてくれた単語ですが、はっきりその意味は分からず、なんとな~く「そういうもの」なんだろうな~と思っただけ。
午後になると
「サチコ!プロセシオンの準備が始まるわよ。今日は前の道をプロセシオンよ。隣でアルフォンブラができるわよ」
といつも以上にテンション高めのイルマ。そして来い来いと手招き。

宿の南三軒隣では、水を撒いたり通行止めロープを張ったりしながら、みんなが少しソワソワしているような雰囲気。

家の前には花の絨毯「アルフォンブラ」の材料がバケツいっぱいに準備されてました。
b0246322_2318781.jpg


「元になるデザインを書いた紙とかはある?」と尋ねると
「イマジネーションよ!」とお母さん。

へぇぇぇ!!
b0246322_23182460.jpg


宿の北側ではおっちゃんが、せっせ!せっせ!と1人作ってました。
こちらのおっちゃんにも聞くと頭を指差しながら「イメージ」。

スゴイ!
b0246322_23184532.jpg


そのさらに北側。
コレティーパック!?
「お茶だよ、お茶。わはは」と作ったおじいさん笑う。
b0246322_231927.jpg


もひとつ北側にはすでに完成したアルフォンブラ。
こちらのお宅でも「イメージは頭の中に・・・」とのことでした。
b0246322_23191471.jpg


プロセシオンに欠かせないのがアルフォンブラのほかにもう一つ、紫の衣装です。
町中には「トゥニカ」という紫の衣装をまとった人がいっぱいです。
b0246322_23192862.jpg


子どもに衣装を着せて写真を撮るお父さんがいたので、便乗して撮らせてもらいました。
阿波踊りのハッピ着てる子の写真取りたがる観光客の気持ちが分かりました。
b0246322_23194575.jpg


この人たちは、違います。このあと夜8時からレストランで歌う?か何か?
でも「伝統的な衣装だ!」って言ってました。昔の?
b0246322_23203466.jpg


宿のすぐ隣の「アルフォンブラ」も完成間近!
b0246322_23205616.jpg

遠くの方から音楽も聞こえてきて、こりゃ「プロセシオン」の行列がそこまで近づいてきたってことだ!
急げ!おばちゃん!
b0246322_2321138.jpg


先頭の到着になんとか間に合いました。
b0246322_23212533.jpg


兵士の格好をした人たちが花を囲むころには、周囲には人だかり。
授業では「衣装を着た人が屋台を担いで歩いてくる」と聞いたんだけど・・・
b0246322_23214168.jpg


見えてきました!大きな音楽とともに!
b0246322_23215598.jpg


お神輿の上には十字架を担ぐイエス・キリスト。
b0246322_2322211.jpg


お香が焚かれ煙と香りに包まれて、処刑に進んでいくキリストの像が目の前を進んでいくと、キリスト教徒ではない私も少し神妙な気持ちになりました。
b0246322_23223587.jpg


屋台の後ろには指揮者、音楽隊が続きます。
b0246322_23225655.jpg


それにしても良い写真!
なんと、高みの見物のように、宿の窓から撮影してました。
両国や紺屋町に住んでて、家の窓から阿波踊りを見下ろせる特等席みたいなもんです。
b0246322_232391.jpg

30分以上掛けて作ったイマジネーションの花の絨毯「アルフォンブラ」。
b0246322_23382574.jpg



行列の後ろには、お掃除舞台のおっちゃんと
b0246322_23384055.jpg


ショベルカー。
b0246322_23385275.jpg
1、2分で片付いてしまいました。
ムイ早いです。
b0246322_23392041.jpg



最後にメインの教会カテドラルの前を通過していくお神輿。セマナサンタが始まって最初の週末なので、「プロセシオン」は小さめの規模と聞いていたのにこれだけの人・人・人!!!
世界でも有名なアンティグアのセマナサンタ、街の人たちが誇りにする季節を見せてもらえてとても良かったです。お礼に阿波踊りでも踊れたらいいんですが・・・。
b0246322_23393365.jpg


「セマナサンタ」で「ボラシオン」と「プロセシオン」があって「アルフォンブラ」が作られて、みんなが「トゥニカ」を着る。授業で習って想像だけしていたものが、目で見てはじめて分かった一日でした。
b0246322_23454333.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-27 23:49 | Comments(3)  

屋台とワインとパンツ

灰の水曜日から三日後の金曜日。

「ベラシオンが始まるからカテドラルも賑やかよ。子どもたちも学校がお休みになるのよ」とスペイン語の先生。
カテドラルは街の一番真ん中にあって大きな教会のこと。さっそく学校帰りに行ってきました。
b0246322_4151948.jpg


通行止めになって、屋台がいっぱい。えべっさんのときの通町みたい!
b0246322_4171683.jpg


お祭り屋台の定番、チョコバナナとリンゴアメ。世界中にあるのか~。
b0246322_4173392.jpg


スペイン語の先生リセスのオススメしてくれた「ププサ」を食べました。
トルティーヤに鶏肉やチーズ、野菜を包んで食べます。100円くらい。
b0246322_4181844.jpg


どこの屋台もいいにおい~。たまら~ん。
b0246322_4184211.jpg


この鶏肉もおいしそうやな~。
b0246322_4203010.jpg


と、買い食いしてたらスペイン語の先生リセスにバッタリ!
「教会はもう行った?先食べてるの?まぁ!」
という具合に敬虔なクリスチャンの先生にせかされて
ちょっと買い食いはストップ。教会に行くことにしました。
スピーカーから音が流れていて、みんな照明に照らされた祭壇に見入ってました。
きっとキリストの復活のお話しを流してるんだと思うけど、
ヒュードロドロ~というお化け屋敷のような音楽が印象的でした。
b0246322_4205348.jpg


教会も見たし、
「スペイン語学校最終日」に乾杯しよ~だ~!
b0246322_4215237.jpg

さっそく白ワインを注文。
b0246322_4414130.jpg

常連のおっちゃんとオーナーが話し込み
葉巻を呑みながら、グラスワイン1杯を1時間以上かけてゆっくりゆっくり楽しむこじんまりしたお店。
b0246322_4431961.jpg

なぜか話すことばはすべて英語です。
b0246322_4262916.jpg

オーナーは、昔イケメンでモテとったんだろ~と思わせるおっちゃん。
スイスに留学してたことがあるらしく、そのときの日本人の友人「平川さん」のことを話してくれました。
b0246322_4301947.jpg

そして、この恰幅の良いおっちゃんもオーナーみたいです。
b0246322_427298.jpg

静かで良い雰囲気、と和んでいたら
b0246322_4314689.jpg

旅行客らしき常連のおっちゃんが、
「スペ語しゃべれる?ボクもちょっとだけ。よし今から5分間、スペ語タイムだ」
と猛烈に、わかりにくスペイン語で話しかけてきた。
おしゃべり好きなのか、酔ってるのか
とにかく楽しいおっちゃんだった。
記念写真を!というとなぜか、突然おかしこまり。
b0246322_423504.jpg

店の入り口には葉巻も売ってます。
b0246322_423285.jpg

ドアの絵も目印。
b0246322_4211353.jpg

チリワイン、赤・白ともに一杯250円。
b0246322_4321428.jpg




旅がスタートして80日ほど。
まだ3カ国目ですが、訪れる国すべてで「パンツ=下着」を買っている夫。
キューバでもメキシコでも、お店の人に「ボクのサイズはどれくらいか?」と確認して「ほんとにこのサイズでいいのか?」としつこく質問して購入。


そして毎回毎回小さすぎる。

「見くびられた」とそのたびに、怒っている。

ここグアテマラでは、
近所のスーパーで自分の目で、自分の直感でサイズを定めて買うことにしたようです。

が、失敗です。デカすぎたのです。
パンツばっかり増える夫の荷物。
「ボクにぴったりのパンツ、どこにあるの?!」
つぎはペルーで買う?ボリビアで買う?
b0246322_446679.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-26 04:58 | Comments(6)  

グアテマラ料理&日本料理@antigua

いっつも可愛いTシャツを着ている、アタバルの片桐校長。
帰国するとたくさんお姉さんからもらうそうです。
片桐さんがアンティグアに来たそのいきさつや、料理上手の奥様のお話しなど聞かせてもらいました。
b0246322_123836100.jpg


愛犬のジェシカ。もうけっこうなおばあちゃんですが、
玄関のベルが鳴る前に、人の気配を察知して大きな声で知らせてくれます。
現役番犬!
b0246322_1239245.jpg


片桐校長先生に教えてもらったグアテマラの定番料理のひとつ
名前は忘れたけど、揚げてるトルティーヤに野菜をのせて食べる料理
さっそく宿で作ってみました。
b0246322_12352498.jpg


具は、玉葱とトマトとパクチー(コリアンダー)のみじん切り、アボカド、卵、ひき肉の炒め物、アンチョビのニンニク炒めを用意しました。

「日本でいうところの巻き寿司みたいなもの」という片桐さんの言うとおり
自分の好きな具をのせて食べるのは、なんだか楽しい。
b0246322_12381391.jpg


途中で「揚げとるトルティーヤこのまま食べ続けたらヤバイんちゃうか!?」と気づき、
後半はレタスに具を巻いて食べてました。

翌日は「串揚げが食べたい!」という夫が調理担当。
具の準備は万端!
b0246322_1241198.jpg


揚げます!
b0246322_12421268.jpg


揚がってます!
b0246322_12415637.jpg


おまちど!まずはエビから!
b0246322_12434660.jpg
いただきます!
b0246322_1243024.jpg

エビ・アスパラ・豚肉・ササミ・玉葱、もちろんキャベツをつまみながら・・・
「イカリのとんかつソースかオタフクソースが欲しい・・・!」夫。
完璧を求めたらアカン!
マヨとしょうゆを混ぜて、メキシコのテイクアウトでもらったケチャップ似のソースでいただきます!

結果
メキシコ料理なんか日本料理か、わからないフレイバーになりました。
b0246322_12442320.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-24 12:51 | Comments(2)  

アンティグアの外食 その1

キッチン付きの宿ですが、もちろん外食も旅の楽しみ♪

宿の2ブロック先にあるタイ料理店「アシュラ」。
アンティグアにあるKABUKIという日本料理店の姉妹店です。
「アンティグアでイタリア料理店行っても、フランス料理店行ってもグアテマラ人が作ってるけど、カブキは日本人が作ってる日本料理だから美味しいわ」とスペイン語学校の先生。
でもアシュラは・・・何人が作ってるかは見えませんでした。日本人?
どれもだいたい500円から600円くらい。
ナシゴレン
b0246322_0411888.jpg

パッタイ
b0246322_041328.jpg

カレー(これとは違う、グリーンカレーとレッドカレーもあり!)
b0246322_0413782.jpg

TEBA GYOZA(手羽ギョウザ!)を注文したらライス付きでした。
b0246322_0415057.jpg



市場の入り口にある地元食堂。メニューは、なし。
厨房に見に来い!というので、鍋を見ての指差し注文です。
ふたりで300円のランチ。
見た目は、焼きそば?カレー?
でも味はちょっと違う。そして最後に口の中に苦味のあるスパイスの存在が・・・。
b0246322_0431357.jpg




近所の一番大きなスーパーでは入り口からいっつも良い匂いがしています。
b0246322_042423.jpg

チーズハンバーガー14ケツアール140円。
b0246322_0424030.jpg
レタスも玉ねぎも入ってて、大きくて出来立てで、大満足。
b0246322_0425983.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-23 00:48 | Comments(2)  

旅の仲間とお別れです

メキシコとグアテマラの国境で仲良くなって
パナハッチェル、そしてアンティグアでたくさん遊んだサンミとお別れです。サンミは一足早く次の国へ出発!
グアテマラシティからペルーへの飛行機に乗ります。

アンティグアではsky barという有名な店に行ったら9時前なのに店じまいしててガッカリ。
超ガッカリしてすっごい顔。
b0246322_182948.jpg


宿の隣の小さなバル「エルパソ(El Pasp)」で飲んだり
b0246322_19355.jpg

キッチン付きのうちの宿で一緒に夕食を食べたりしました。
b0246322_184189.jpg



昨日は韓国料理を振舞ってくれたサンミ。
献立は、チヂミとイカのコチュジャン炒め。
「チヂミを作るのは二回目。コチュジャン炒めは初めて作る」というサンミ。
スマートフォンを駆使して、2時間かけて作ってくれました・笑。
b0246322_19321.jpg



まずは付き出し風の一品、イカのコチュジャン炒め~~。
お味は・・・

サイコー!!!
コチジャンはビールに超合うよ~。
このレシピ、教えて~。
b0246322_195657.jpg



つづいてメインのチヂミ。
これも美味しいよ~。
b0246322_115456.jpg



どんどん食べちゃうもんだから、後半サンミはフライパン二枚使いで焼いてくれました。
b0246322_116141.jpg


サンミの旅仲間・ラクダのハンプリーと
われらの旅仲間・ミスター ギーもすっかり仲良しになりました。
「アルゼンチンかブラジルかどこかでまた会おうね」
と言って、チューブ入りのコチジャンをプレゼントをもらったよ。
Muchas Gracias! Adios y hasta luego!
b0246322_124549.jpg



余談①
英語もペラペラ、スペ語も勉強済み、日本語も通じちゃう、
そんなサンミがアンティグアで1週間過ごした宿は私たちの宿から徒歩2分。
インテリジェンスなサンミにぴったりのお洒落な部屋です。
部屋のスミの棚には、北海道土産の馬油・・・。
サンミは日本が大好きなコリアンガールなのです。
b0246322_1161827.jpg


余談②
会ったその日に「あなたは韓国の歌手HAHAにに似ている!」とサンミ。
確かにサングラスとヒゲが似ている・・・。
HAHA:コメディアン(ときどき歌も歌う)。
b0246322_1164111.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-21 01:31 | Comments(7)  

アンティグアでフィラデルフィアコーヒー

グアテマラといえば、グアテマラコーヒー。
コーヒー農園「フィラデルフィア」に行ってきました!

行動派サンミがうちらの分も予約しといてくれたので、待ち合わせ場所に行くだけ。アリガト。
b0246322_816442.jpg


週末なので市が出てます。
b0246322_8174668.jpg

石畳の道をゴトゴト走ること15分、すぐ到着。
b0246322_8184575.jpg



農園に入ると、入り口からずーっとずーっとコーヒーの木・木・木。
b0246322_8181191.jpg


ガイドは英語とスペ語が選べます。
「・・・・・英語、ポルファボール(プリーズ)!」。
200年余り続いてるとか、今四代目とか言ってました。英語にしといてよかった。
b0246322_819817.jpg


10センチほどの苗木を見たあとは、真っ赤になったコーヒーの実を摘み取らせてもらい
b0246322_820540.jpg


つるっと実をむけばコーヒー豆。
皮を口に入れてみたり、豆を舐めてみたり。ん、なんか甘い!
しばらくしてからノドの奥のほうが痒くなりました。そばアレルギーのような感覚?
b0246322_8205090.jpg



大量の水で洗って豆のヌメヌメを取って干す。
整列した豆を見て「藍住とか上板で藍干っしょる風景と一緒やなぁ」とか
b0246322_825269.jpg


干したときにできた豆の薄皮は再利用する、と聞くと
「もみ殻やってぇ再利用するもんなぁ」とか
(苗木の足元に敷いてコーヒーの木の持つ脂分を整えたり?とかなんとか?の理由みたいです)
b0246322_822274.jpg


工場のなかの機械を見て
「米の脱穀の機械とおんなじようなもんやな」とか、結局徳島のことを考えていました。
b0246322_8232445.jpg


コーヒーの(生の)実、舐めたせいか、耳まで痒い・・・アレルギー!?
英語、集中して聞いても理解できんのに、ますます集中力が消滅していく・・・。
b0246322_8213449.jpg


早くコーヒー飲みたい、けど、もうちょっと見学コースが続きます。
b0246322_8261621.jpg


豆は機械で二回も仕分けされたのに、最後の最後、袋から出してもう一回おばちゃんたちの手作業で選別されます。
b0246322_8264026.jpg


コーヒーのテイスティング?カッピング?や、豆の油分も一緒に味えるプレスの話は、
鳴門の「ザーコーヒービーンズ」のオーナーに教えてもらったことがあったので、ススーっと理解できました。
b0246322_8274187.jpg



やった~、やっとコーヒータイム。
b0246322_8284379.jpg



あ~美味しい~。コーヒーの話しや香りばっかりで、「待て」状態が続いていたのでよけい嬉しい。
b0246322_8292610.jpg


フィラデルフィアは農園のなかにホテルもあります。
農園内にはブライダルの看板も!
私 「こんな庭でパーティや、しかもコーヒー農園で、ぜったい素敵やなぁ~」
夫 「グアテマラやけんなぁ~~~、家族でも来てくれんかもしれんじょ」
犬を連れて散歩したり、農園を馬で散策したりできる、おだやか~な場所でした。
b0246322_830759.jpg



徳島の自宅にはコーヒーの木が一本あります。
取材先でいただいたもので、実はついたけど赤くなりませんでした・・・。
いつか自分の育てたコーヒーの実で、おいしいコーヒーを淹れてみたいです。
b0246322_8314468.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-19 08:48 | Comments(4)  

グアテマラでの一日

朝ごはん食べてから

スペ語の宿題。

郵便局へ行ったり
b0246322_1130377.jpg


市場で買い物したり
b0246322_11303089.jpg


花買ってみたりして。
b0246322_1134884.jpg


昼ごはんはパスタ作ったり
b0246322_11352892.jpg

辛ラーメンを作ったりします。
b0246322_11394695.jpg


エレナのベベ、ヘイディと遊んで
b0246322_11345166.jpg

スペイン語学校が、午後からなので(午前はすでに生徒でいっぱい!)
夜ご飯の下ごしらえもしときます。
チョリソーは市場で1コ10円でした。ガーベラは一輪50円でした。
b0246322_11362791.jpg



ちょっとのんびりして、も一回スペ語の復習。
b0246322_11513751.jpg



スペ語の授業は2時からの4時間コース。頑張るゾ!

学校へ行く途中、道端でビワ売ってました!一個味見させてもらって、アスタルエーゴー(またね~)。
b0246322_11385111.jpg


私の先生の名前はリセス。
パンが大好きなリセス。例文に「パン」を使うと、喜んでくれます。
猛スピードでスペイン語が出てきて、初日は沸騰寸前でした。
二日目は動詞の変化が増えていって、頭のなかがグルグルする上に新しい単語もどんどん登場。伝えたいのに言葉が足りなかったり、知ってるのにうまく使えなかったり、ん~~!悔しい!という気持ちでいっぱいになりました。でも、例文を参考に文章をうまく作れたときはすっごく嬉しい。勉強するのはそう嫌いでないなぁ~と、楽しんでます。
先生の手書きの、宿題の量もほどよくて、ちょっとずつ自分でも単語を増やそうと頑張り中。
b0246322_11451248.jpg


けっこう長く感じる最初の2時間、ノドが乾いてきたころに30分の休憩。
コーヒー飲んで、甘モン食べて、血糖値上げます。

夫は4時からの2時間コース。
b0246322_1153423.jpg


やれやれ、ようやく終わった~。
最近日が長くなってきたので、6時でもまだ明るいアンティグア。

ワインだか、なんだか買って帰ります。
b0246322_11463476.jpg


夜は野菜をたっぷり食べて、あとは寝るだけ。
あ~今日も疲れた。
b0246322_11473395.jpg



Nosotros vamos a ocanpo de cafe con mi amiga Sangmi en la manana.
Y siempre cocino cena pero ahora mi amiga Sangmi que es de Korea cocina para nosotoros porque manana cena seta comida Koreana "Chijimi".
Entonces mi profesora gusta el pan,el da me el pan que compra a la pandaria cerca de la escuela ATABAL en mi descansada.
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-18 11:55 | Comments(4)  

引越し、そしてハッピーバレンタイン

キッチンも広くて素敵、庭もボニートで超お気に入りでしたが、中心部から遠いので引っ越すことにしました。アンティグア 最初の宿 casa bellona
b0246322_23501861.jpg


こじんまりしてて少し小さいけど、こちらもキッチン付き宿です。
アンティグア 次の宿 Los Encuentros Ⅱ。
b0246322_23542582.jpg


棚がいるなら使っていいよ、というので、2階へ動かし
b0246322_23552181.jpg

本来は4人用のドミトリーだけど、
使わないベッドは重ねていいよ、というので、思いっきり模様替え!
b0246322_23550100.jpg

管理人のエレナの赤ちゃん、ヘイディ10ヶ月。良く笑うベベです。男の子?だよね?女の子?
b0246322_23564970.jpg


市場まで5分もない距離なので、さっそく買い物。
b0246322_23574562.jpg


トマト、じゃがいも、玉ねぎ、インゲン豆、レタス、ビネガー、砂糖、油、小麦粉、マヨネーズ、箱にいっぱい買って75ケツアール750円。安いです!
重いので、さっさと歩く!
b0246322_23584874.jpg


オリーブオイルは高そうな店で購入。
b0246322_23595259.jpg


そういえば今日はバレンタイン。
男の子も女の子も花やプレゼントを持って歩いてました。
ケーキ屋さんも
b0246322_0423849.jpg


お店の掲示板も
b0246322_044167.jpg


ギフトショップにも
b0246322_0432945.jpg

♥♥ がいっぱい。
b0246322_044306.jpg


午後はパナハッチェルで出会って大好きになったサンミと公園で待ち合わせ。
老舗カフェDona Luisaでカフェしました。バナナケーキが美味♪
b0246322_0451668.jpg

コーヒーもエスプレッソも1杯7ケツアール70円。コーヒーは二杯目お代わりは無料。また来ようね~。
b0246322_0454556.jpg


さて、今夜のメニューは鶏の唐揚げにマヨネーズ付き!

こっちではカットされた鶏肉が売ってません。
市場で言えば切ってくれるかもしれないけど、言い方わからんし、骨ごとバン!バン!ってぶつ切りにされそうやし・・・結局骨付きのもも肉を買って包丁を突き刺しながら小さくしました。
次からは、骨ごとでもいいけんバンバンぶつ切りにしてもらおうと思います。

サンミを晩御飯に招待したので、気合いが入ります!!
とりゃ!!!
b0246322_014292.jpg



そんなサンミから、唐揚げ晩御飯を一緒に食べたあと、サプライズでバレンタインプレゼントが(≧∇≦)
Muchas Gracias,Sangmi!!!
素敵なバレンタインでした。
b0246322_047617.jpg


明日からいよいよスペイン語学校に通います。出発前に親友Yちゃんのお母さんがくれた「グアテマラの弟」を読んで、スペイン語学校に通う国をボリビアから、ここグアテマラのアンティグアに変えました。あ~楽しみ~。
b0246322_074460.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-02-16 00:16 | Comments(6)