2012年 10月 29日 ( 1 )

 

1泊3日のバンコク弾丸ツアー

夫がマラリアを発症する(とは誰も知らない)数日前。

インドネシアからバンコクへ飛んで帰ってきたのは、
私の両親を迎えるため。
b0246322_13115057.jpg

* * * * * * * * * *
両側にいるのは、地元のタイ人夫婦(ご主人は高校の英語の先生)。地下鉄で一緒になり両親を向かえに空港へ行く途中だというと「家が空港に近いから車で送ってあげるわ!」と自家用車で空港まで乗せてくれ「せっかくだからご両親にも挨拶するわ!」と出迎えまで一緒に。
時間があれば夕食どう?と誘ってくれたけど、夜も遅かったので残念ながらお断りすることになってしまいました。また連絡してね~と携帯番号やメールアドレスを教えてくれたけど、こういう場合、この人たちを信じて良いのかどうか、本当に悩みます。
* * * * * * * * * *


三連休だったので父は1泊3日の弾丸バンコクの旅、
そして
母にはちょっとゆっくり1週間楽しんでもらおうという計画です。


宿はアソーク近くのウインザスイーツホテル。
到着が深夜だったけど、駅に向かってスクンヴィットを歩くと
賑わっていた屋台があったのでここで乾杯!
b0246322_1314473.jpg


バイクの移動焼き鳥屋台が通りがかったので呼び止めて買ってみるふたり。
b0246322_1315233.jpg


部屋に戻ってからは
芋焼酎持って来たげたよー」
もちきちのせんべいもあるよー」
と日本に、徳島に、家に帰ったような気分です。

10ヶ月ぶりの再会、日本の焼酎もあり、話しが尽きないのですが

「ちょっと!明日も早いんやけん、もう寝なっ!」と就寝。
b0246322_13151371.jpg


1泊3日の弾丸ツアーはかなり強硬プランなので
旅のしおり」を作ってしっかり計画しています。

【翌朝】
朝食なしの宿泊にして、翌朝はちょっとおなかを減らして出発!

まずはウィークエンドマーケット
食堂街へ案内するつもりが・・・ウロウロ・・・ウロウロ・・・
一度来たことがあるんだけどなかなかたどり着けず。

途中で麺を買い食いしたり、
b0246322_13154071.jpg


少しずつ開き始めたお店でお土産に布を値切ったり
b0246322_13163965.jpg



寄り道しながらもようやく・・・食堂が集まってる場所へようやくたどり着けました。
b0246322_1316525.jpg



辛い~!と言いながらグリーンカレーを

酸っぱい~!と言いながらソムタムを

調度いい!と満足したのはパッタイでした。

「これってほのまま食べるん???」
山盛りの生インゲン豆をじっと見つめるパパ。

b0246322_13174043.jpg




次はタクシーでワットポーへ。
最初はポー&アルン、もしくはプラケオ&ラカンのどちらかの選択で2つまわる予定だったけど
あんまりバタバタしても疲れちゃうので寺は1つに絞りました。


じっくり見る時間があるからね!と長く楽しんでもらうつもりが

「あー疲れた」

え!?休憩?!
b0246322_13181735.jpg



仕方ないのでパパは休憩。


最近八十八箇所巡りの週末ツアーに参加しはじめたというママは
「お参りの仕方一緒なんやなぁ」とお線香をあげたり
b0246322_13343175.jpg


蓮の花を買って奉ってみたり。
「ママ、ほこは最初から活けてあるとこよ!
そなえるんはほの奥!奥!」
b0246322_13183519.jpg



ポーの出口にいたトゥクトゥクの運転手さんに乗りたいというと
1時間のツアーなら1人20バーツだ!4人で80バーツ!
と地図を指しながらいろいろ説明してくれます。


「今日は時間がないの。ちょっと乗りたいだけなの。グルっとこの辺一周してよ」
と走ってもらうことに。

感じのよいおっちゃんで、運転席にも座らせてもらいました。

10分くらいの走行だったけど、とりあえず「やることリスト」1コ消化!
b0246322_13191325.jpg



ポーの近くの船着場から「サバーンタクシーン」まで船で移動。
バンコク来たら船には乗ってもらわんとね。

「何が釣れよんだろかー」。
b0246322_1320770.jpg


徳島に住んでると電車や列車に乗る機会は少ないのでBTSも体験。

BTSは実はそんなに安くないので、4人だったらタクシーで移動したほうがよかったかも・・・とあとで気付いたのですが、

しかも自信満々で乗り込んだのに逆方向に走ってすぐ終点になっちゃったりしたのですが、

まぁそれはそれ!
b0246322_13202358.jpg


「サチコトラベルはなかなかたどりつかんかったり、間違えたりするなぁ~」
と言われながらも
今度は都会的なバンコクを見てもらおうとサイアム駅周辺へ。
b0246322_13203596.jpg


ここで休憩。フットマッサージやタイマッサージでリフレッシュ。

それからちょっと早いけど夜ご飯。

タイスキの「MK」かタイ料理のレストラン「バーンクンメー」か地元の人にも人気の「ソーントーンポッチャナー」から選んでもらいます。

昨日の屋台でビールに入ってた氷と辛いもの、刺激がいっぱいすぎて
パパのお腹の調子がいつもと違うようなので、あっさりさっぱりタイスキで決まり。


入店すると
ビールは5時からです」と店員さん。

え!?
あと10分・・・・

料理が来てもビールで乾杯できないと始まらない!

待って待って待って・・・

5時ちょうどにビールをオーダー。

なかなか運ばれてこないのでちょっとイライラしちゃったけど

ようやく無事乾杯!
b0246322_13241130.jpg


さぁ鍋食べよ

と思ったら突然音楽が流れ始めて

スタッフが踊りだした~~~~~。


MKダンス!?
b0246322_1324274.jpg




あーーーびっくりした。

「1時間ごとに踊られたら困るなぁ~」

と言ってたのですが、私たちが食べてる間にもう一回MKダンスあったので、どうやら定刻になると踊るみたいです。

この間、注文が止まってしまうのがちょっと困るんです。
b0246322_13244582.jpg





早い夕食にしたのにはワケがありました。


パパのリクエストで
ニューハーフショーを予約しているのです。

カリプソのほうがレベルが高いと聞いていたのですが、時間の都合でマンボーへ。
b0246322_13251725.jpg



郷土文化会館くらいのステージに、電飾ピカピカ!


とってもセクシーなおネエさん
b0246322_13253476.jpg
聖子ちゃん
b0246322_13254665.jpg

お笑い系のおネエさんが次々登場します。
b0246322_13255925.jpg


最後はおネエさんたちと写真撮影もできます。
おネエさん1人につき、1枚の50バーツチケットが必要です。
事前に4枚購入してたんだけど、ふたりのおネエさんにグイグイ引っ張られて流されるまま写真撮影。
これで4枚のチケットを渡すことに・・・。
b0246322_13261443.jpg


チケットがおネエさんたちへのチップになるのか、かなり強烈な勧誘があります。
誰と撮りたいが、事前に決めておかないといけませんねっ。


時刻は21時過ぎ!
計画表では21時には荷物を持ってホテルを出発する予定だったので、ちょっと慌てつつ・・・


22時スワンナプーム空港到着!
b0246322_13263129.jpg



24時間のバンコク滞在

パパのための1泊3日弾丸バンコクツアー、これにて終了です。
b0246322_1327235.jpg
一日カメラマンに徹してくれた夫、この数日後、
その夫がマラリアで苦しみ始めるなんて、当の本人も私たちも一ミリも想像していませんでした。
[PR]

by miyamotosachiko | 2012-10-29 17:10 | 2012年タイ