aeruの器

大人とほとんど同じ食事になってる一歳半の今、aeruの器の使い勝手がとても良い。
b0246322_1340653.jpg




離乳食を食べ始めた当初、縁のデザインのおかげでお粥などのドロっとした食べ物もすくいやすく便利さを実感しました。
b0246322_9222579.jpg
自分で食べたがるようになるころは、動きも素早く力もまあまあある。デタラメな動きでお皿を落として割られそうでヒヤヒヤ…

カタログみたいに食べてくれる日はいったいいつやってくるの⁉︎ 落として割れたらイヤやけんしばらく封印しようかな…という時期もありました。
b0246322_1364016.jpg





でも今では、朝晩のご飯はいつもこの器。中くらいのサイズは味噌汁やヨーグルト用にぴったり。
b0246322_9222434.jpg
重さがあるので、左手でお皿を押さえられなくてもすくいやすいようです。


このaeruの器は三種。そのうちのひとつ大谷焼きは、夫が親しくしている窯元大西陶器で焼かれているのです。
b0246322_1363915.jpg
しばらく振りに会ったら偶然にも大西さんのお子さんとチビゴリラくんが同級生!これから成長して一緒に遊ぶこともあるかもね〜。
[PR]

by miyamotosachiko | 2015-06-24 13:39 | 33歳の妊娠。出産・育児  

<< 八万エリアで担々麺 まさかのセダン⁉︎ >>