出産後、退院まで

今更ですが、最後の退院までの様子です^^;;アップするのをすっかり忘れていました。今改めて見ると、赤ちゃん、ゃっ!!!! 2ヶ月半を過ぎた今では6キロを超えて、立派な二重アゴと太鼓腹の持ち主となっています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
入院生活の案内のなかに「初産の人は5日目から母子同室」と書かれてあるけど、助産師さんが「体力があるんだったら次の日からでも同じ部屋で過ごしたら良いよ」と言ってくれました。

「赤ちゃん寝とるなぁ~って置いとくだけではアカンよ。病院におるうちから触ったり抱っこしたりして慣れていくんがえぇけんな」

新生児室からワゴンごと運ばれてきた赤ちゃん。
ワゴンにはオムツとウェットティッシュが入ってます。
初のオムツ替え!!
「男の子はこぉなっとんやなぁ、ふむふむ」

b0246322_09582506.jpg

母乳をあげる練習もしたけど、飲んだ後体重測定しても「0gやなぁ」と言われることがほとんど。たまに「25グラム」、早朝だと「44グラム」。ふむ、なかなか乳は出んみたいじゃ。
なので、哺乳瓶でのミルクをあげます。乳が出ないのは残念だけど、これだったら夫も体験できるしなんか楽しいね。

b0246322_09584583.jpg

5日目の午後、看護師さんがやってきて「ちょっと黄疸が出とるけん、青い光当てるね」。

黄疸???なんだろ・・・とりあえず、お願いしまーす。と新生児室に運ばれていくと、ほんまに光る箱に入れられて、水耕栽培されよるみたい・・・。
退院までできるだけタイムロスなく光に当てるために、搾乳機でとった母乳を看護師さんに渡してあげてもらいます。

b0246322_09590487.jpg

たまには赤ちゃんも見たいので連れて来てもらったら、こんなことに!

b0246322_09591620.jpg


退院の日、一緒に帰れるかなぁ~と心配でしたが、とりあえず赤ちゃんも帰宅して良いことになりました。
私の退院前検査を終えて、荷物を持ったら、先生も一緒に記念撮影です。
一緒に撮りたいと思いよったけんヨカッタ!どうもお世話になりました!

b0246322_09593039.jpg

**********

後日、本(育育辞典)で読んだら黄疸にもいろんな種類があると分かりました。私は血液型不適合で黄疸が出たそうです。彼の場合は産まれる直前ちょっぴり(?)呼吸が止まってしまったらしく、それが原因(のようです)。この場合、脳性まひになったりいろんなことが起こるそうです。
退院後、黄疸の数値を計るために2日に1回通院。ヨガ教室で一緒になったことのあるママさんと待合室で偶然会って「うちも黄疸出ましたよ、でも治ったわよ。たぶんイケるわよ」と声をかけてもらいました。無事1週間後には「通常」になりホッとひと安心。顔がちょっぴりくすんでいるのと白目がニゴっているのが気になりましたが、1カ月検診のあとくらいに落ち着きました。
これから心配がつきんのやなぁ思う一方で、親ができることなんてしれとるなぁとも感じました。


[PR]

by miyamotosachiko | 2014-02-27 07:50 | 33歳・妊娠と出産 | Comments(0)  

<< 徳島市・祖川産婦人科 ポンチョポンチョポンチョ >>