アドレナリン出まくりの産後

陣痛が始まってからは単語で夫に「腰!」「足!」と伝えたり、看護師さんにも「むり」「わからん」と短い言葉しか言う気が起きず・・・。

出産が終わった瞬間、しゃべりたい欲求が全開に!

なにせ昨日の夜から12時間以上、まともにしゃべってない。
あ~~~口がまわる~~~~。

「同じ時間帯に何人も出産ってこともありますよね」「この点滴は何ですか?」とまだ分娩台の上に乗ってるときから、看護師さんにしょうもない質問をしまくり。
この日は私しか居なかったけど、同時に二人、三人ということも、もちろんあるそうです。
先に分娩室に入っていても、あとから来た人が早く生まれそうになって分娩台から降りないといけなかったりするそうです。
分娩室も看護師さんも先生も、全部独り占めって、贅沢なのかも~。

たくさんいる看護師さんのひとりが「テレビ、見てましたよ」。

!!!ひ~!!!なんか急に恥ずかしくなり、ちょっと黙ったのでした。




部屋に戻ると病院からのプレゼントがいろいろ。

手づくりクッキー
b0246322_20585632.jpg


そして部屋がぱっと明るくなるお花。
b0246322_205949.jpg


夜ご飯からは、出産後なので全量。ボリュームがすごーーーーい!!!
b0246322_2059169.jpg


夫には「よぉほんだけしゃべるなぁ・・・」と呆れられながらの乾杯です。

産後はアドレナリンが出まくり、相当テンションが上がってました。
b0246322_2059255.jpg



「ホイホイホイってよぉ考えたら笑えるわ」
「ひっぱられたけん頭が伸びとるんが、ちょっと心配やなぁ」。
「あんなにお腹押すんやな」
etc...話しは尽きません。

ふと「なんでテニスボール買わんかったんかなぁ」と夫。

本には、陣痛の妻を癒す方法としてテニスボールを使って夫が一生懸命サポートする様子がいくつも紹介されてました。
こんなの、とか
b0246322_135837100.jpg




こんなの、とか。
b0246322_13583839.jpg



陣痛がまだ弱いころ、時間をもてあました夫は「ササクラスポーツでテニスボールでも買ぉてこぉか~」と笑ってました。

実際は、助産師さんの助言で拳を使ってグイグイ私のお尻をプッシュ!!

めっちゃ手が疲れたそうです。

「テニスボール買えばよかった・・・。

あっ!分娩室でテニスボール並べとったら売れるんちゃうか?

ほんで出産終わったら『ほな捨てときますね~』っていうてまた使い回したら良いんちゃう?」

売れるかも~~~~わはは~~~~と全力で笑いたいけど

笑うとお腹が痛いっ。

ぐいぐい押されたお腹は、青いアザができてるんでした。
[PR]

by miyamotosachiko | 2014-01-09 13:57 | 33歳の妊娠。出産・育児  

<< 祖川産婦人科の評判ご飯 千客万来! >>