いざ、母親学級へ 35週

明後日で36週、10ヶ月に入るというときになって、ようやく母親学級。
この日までに生まれてたらどうなってたの!?

という気持ちはさておき・・・・
診察室の向かいにある小さな部屋で、先生の説明と助産師さんの話を聞きました。

まずは先生の話から。
本で読んだりネットで見たりしたことのある内容だけど、改めて先生がホワイトボードに絵を描きながら説明してくれるのは、すごく分かりやすかった。

まずは「陣痛」。
陣痛の度合いというときに「すごく痛い」とか「しくしく痛い」とか言われてもそれには個人差があるので、何秒痛いか、何分間隔か、●時間前より痛みが強いという言い方をしてね、と言われました。

陣痛・・・果たして分かるんだろうか・・・
b0246322_1117523.jpg




次に「おしるし」。
少量だったら1週間後に陣痛が来るかもね~とか、いっぱい出たから24時間以内に陣痛くるかもね~という、確実なものはない。人によってもその「しるし」は様々。だいたいは茶色いドロっとしたネバ~いやつだそうです。
b0246322_1117584.jpg



最後が「破水」おみずおり。
子宮のなかにゴム風船が入ってるみたいなもんで、その水が羊水。そこは完全無菌状態だから、ゴム風船が破れたら菌が待ってました!とそこから入り込んでしまうらしい。
口や鼻や腸はいろんな菌がいて当然の場所だけど、脳・血液・肺などの大切な場所に入ると大変だから、破水したらすぐ病院に行かないといけないんだって。
なるほど~~~。
b0246322_1117674.jpg



参加した妊婦は全員、初産婦。みんな、ふむふむと先生の話に一生懸命メモをとってました。

そうそう「生まれて良い条件」について。
①36週を超えていること
②体重が2500gあること

①と②、どちらがより重要か??

答えは・・・・は①!!

32週に体は完成してるけど、大切な肺の機能がまだ完璧じゃない。
だから34週だと3割の赤ちゃんが呼吸障害を持ってしまう可能性があるらしい。
1週すすんで35週になるだけでそれは1割に経るんだとか。
赤ちゃんにとっての1週間はものすごーーーく重要なんやなぁ。
「大事なのは大きさじゃなくて、週数や月齢。
大人でもそうでしょ。その人が二十歳だったら、体が小さくても小学生とは違うでしょ。
どんだけ体が大きくても小学生は小学生」と先生。
そりゃそうだ。

余談もあってそれがけっこう今までの先生の怖そう~なイメージを変えてくれました。

立会い出産について。
「男は残念ながら血に弱いし、あとあとトラウマになる人もおるけんな。ほれがきっかけで夫婦生活がアカンようになってしもぉたっていう話もあるんよ。ほなけんよぉに相談して、話し合って決めてよ」。
実際、分娩室であれ?ご主人さっきまれおったのに?と思ったら、床に倒れてた・・・という人もいたそうです。

「予定日が1週間も過ぎたら出してあげたほうがえぇけんな。サイズは関係ないけんな。赤ちゃんに栄養を送る胎盤の老化がはじまってしまうけん、あんまり長いこと入れといたらアカンのよ」。
ということは、遅くてもこの子は年内に出てくるってことみたい。
ギリギリだと正月が病院か・・・。
「正月の病院もなかなか評判良いんよ」と笑う先生。
どういう評判!?やっぱり豪華おせちが出るんかいな!!

「予定日が近づいてきたらみんな、いつ生まれるんですかって聞くけど、ほれだけは分からんのよ」。
ほれが一番知りたいのになぁ~~。出産は、どんだけお医者さんが勉強しても未知の世界なんやなぁ。

b0246322_1117642.jpg

ちなみに昔は10人に1人が帝王切開だったけど、最近は4割近いそうです。徳島でも3割を越えてる病院もあるらしいけど、祖川は10%だって。
帝王切開で大変なのは、4人目、5人目が欲しいって言われたとき、らしい。
「3人子供おったらえぇでぇって思うだろ?ほなけど最近は結婚も二回目三回目ってあるけんなぁ。ほんで再婚したらやっぱり新しい旦那さんとの子供も欲しいと思うんよな。ほらほぉじゃわなぁ。ほなけど4人目5人目はなかなか難しいんよな」。

気がつけば1時間くらいが経っていて、「ぼくには聞きにくいこともあると思うんで、助産師さんにまた聞いてみてください」と先生退場。

入れ替わりに入ってきたのは助産師さん。「エラい長かったなぁ~盛り上がっとった? ほな、ちゃっちゃ~と説明するわな」とカジュアル~な感じ。
入院後の購入必須アイテムや病院に持参するものリストについての説明、そして院内を案内してもらいました。
産後の妊婦さんが何人か入っていたけど、了解を得て全部の部屋を見せてもらえました。
正月に重なったら普通の部屋より2万円高いし北側やけど畳のある部屋にして、年末年始は夫とここで過ごそうかな~。やっぱり食事はおせち料理でも出るんかいな~、ワクワク。

廊下に張り出された一週間分の献立表の前で看護師さんの説明を受けたときに「切迫で入院したときおやつ出なかったんですけど?」疑問に思ってたことを尋ねると「おやつは産んだ人だけなんよ」。

や、やっぱり!!3日間、3時になるたびに、なんでおやつないんかなぁと思いよったんよな。

「切迫のときは量も半量やし。少なかったでしょ?」。
え!?あれで半量!?
確かに寝るだけの毎日なのに帰宅後体重増えてなかったもんなぁ・・・管理してくれとんやなぁ。

あっという間の2時間半でした。
[PR]

by miyamotosachiko | 2013-12-21 09:08 | 33歳・妊娠と出産 | Comments(0)  

<< 安静にしてるうちに・・・ 36週 仕事のこと >>