エアコンクラスで快適にバラナシへ

デリーから夜行列車でバラナシへ行くために、ニューデリー駅でチケットを予約することに。

駅の手前で大きな荷物を背負った日本人がふたりいるなーと思ったら
「すいません、日本の方ですか?ちょっとカラまれてて・・・」と青年。

ちきゅあるをインド人男性にしっかりと持たれて、「オレが教えてやるぜ」とやる気(?)ムンムンで青年たちを足止めしていた。

ちょっと強引なくらいに教えようとしてくるし、間違ったことでも平気で教えてくれるインド人。
強烈に断ったり、徹底的に無視しないといつまででもアレコレ言うてくるんよな。

青年たちも外国人専用窓口に行きたかったようなので、おっちゃんを振り切って一緒に駅のなかへ。

昨日下見しておいたので(慎重派ですから)、正面から入って左の階段をすっすと登って青年たちをナビゲート。

外国人専用のチケット購入スペースは、まるで大病院の待合室のように清潔で快適。冷房は効いてるし、来てる人たちは明らかに外国人ばかり。

申込用紙に出発希望日や列車番号、住所やサインを記入して順番を待つばかり。
みんなイスに座って整列、割り込む人もいないからゆったりした気持ちになれます。

このチケットセンターにはこの日、二回行きました。
b0246322_11355677.jpg



最初はデリ→バラナシも、バラナシ→コルカタもスリーパークラス(ノンエアコン)で申し込み。


チェンナイからマドゥライのスリーパークラスは予想以上に快適で、人もすごく良かったので今回もスリーパークラスで良いや、と思ったけど

ここは南インドじゃない。
北インドだ!
しかも目的地はバラナシ・・・。

宿に帰ってふたりで話し合って、ネットやらガイドブックやらでよくよく検討して
結局最初の予約はキャンセル、ワンランク上げてエアコン付きの3Aクラスに変更しました。
キャンセル料がひとり40ルピー(60円)必要だったけど、そんなことはどうでも良い。
スリーパークラスだとふたりで1000円以内。エアコン付きになると1500円アップ。これで安心が買えると思ったら安いもんです。


出発前に腹ごしらえ。
相変わらず、カレーはどこで食べても美味しい。
すばらしい、インド。
b0246322_11364610.jpg



列車は定刻より少し遅れて出発。
荷物が多いお客さんがたくさんいたので、早めに行ってささっと自分たちの席へ。シート下の隙間にバックを押し込んでチェーンと南京錠でしっかり固定。
前のおっちゃんが「ぼくはたくさん荷物があるからのけてくれ」と言ってきましたが、夫が断固拒否。自分の荷物を置くスペースはしっかり主張して確保しましょう。

近くの席には日本人の大学生・マチダくんが乗り込んできました。
大学四年生、卒業前の一人旅。
10日の予定で旅はまだ始まったばかり。思い切ってインドに来てみたけど、まだ怖くてあんまり食事ができてない、チャイも飲んでないと言ってました。(10年前の自分を見ているようです)。
夫は、絶対自分はしないのに「ガンジス川で沐浴したほうが良いよ」とお薦めしたり、韓国経済を勉強していた青年と日韓問題について熱く語ったり、楽しい時間を過ごしたのでした。


3時間遅れの午前9時到着、バラナシの駅。
あぁぁ、これからどんな感じになるんだろ・・・と不安一杯です。
b0246322_1137499.jpg

[PR]

by miyamotosachiko | 2012-10-02 18:33 | 2012年インド  

<< 2012年10月6日(土) 革靴うんこ詐欺事件 >>